アンソニーエドワーズが34得点を挙げキャリアハイを更新 チームもブレイザーズに勝利

 

今季ドラフト1位でティンバーウルブズに加入した、アンソニーエドワーズ。

3月15日におこなわれたブレイザーズ戦で、34得点を挙げキャリアハイを更新し、チームを勝利に導きました。

 

1Q2Q3Q4QT
POR20292340112
MIN24232938114

 

 

ウルブズでは、エドワーズに続き、リッキールビオが15得点、ジェイレンノウェルが14得点を挙げました。

ルビオはシュート確率が上がりませんでしたが、終盤のフリースローをきっちりと全て沈めました。

 

 

 

 

敗れたブレイザーズでは、ダミアンリラードが38得点を挙げスコアリーダーとなっています。

それでも終盤は思ったようにボールをもらえず、デイムタイムとはなりませんでした。

ギャリートレントJrが21得点、ロバートコビントンが19得点、カーメロアンソニーが16得点で続いています。