レイカーズが3試合連続のオーバータイム制す レブロンは三度40分以上のプレイタイム

 

2試合連続でオーバータイムのゲームが続く、ロサンゼルスレイカーズ。

2月11日におこなわれたサンダー戦でも、三度オーバータイムへもつれ込みますが、114-113で勝利し6連勝で20勝目を挙げています。

 

1Q 2Q 3Q 4Q OT T
OKC 37 30 17 21 8 113
LAL 23 34 23 25 9 114

 

レイカーズでは、レブロンジェームズが25得点でスコアリーダーとなっています。

3試合連続で40分以上のプレイタイムとなりましたが、4Q終盤の同点に追いつくスリーポイントや、ラストプレイのディフェンスなど要所を締めチームを勝利に導きました。

 

 

モントレズハレルが20得点、デニスシュールダーが19得点、カイルクーズマが15得点で続いています。

アンソニーデイビスはこのゲーム欠場しています。

 

 

 

敗れたサンダーでは、アレキサンダーが欠場の中、ベテランのホーフォードが25得点を挙げチームを牽引しました。

 

 

ケンリッチウィリアムズが24得点、ルーゲンドーツが17得点で続いています。