セルティックスがクリッパーズとの接戦制し11勝目 テイタム34得点

 

中々勝率が上がらないボストンセルティックス。

2月6日におこなわれたクリッパーズ戦では、ジェイレンブラウンも欠場しましたが、エースのジェイソンテイタムが奮闘し119-115で接戦をものにしました。

 

1Q 2Q 3Q 4Q T
BOS 21 30 38 30 119
LAC 33 29 20 33 115

 

 

セルティックスでは、ジェイソンテイタムが34得点を挙げチームを引っ張りました。

ケンバウォーカーも復調の兆しで、24得点挙げています。

敗れたクリッパーズでは、カワイレナードが28得点でスコアリーダーとなっています。

スリーポイント0/5を含むFG確率は42.1%と上がりませんでした。

 

 

ルーウィリアムズが18得点、二コラバトゥームが16得点で続いています、

ポールジョージはこのゲーム欠場でした。