ケビンデュラント復帰のネッツがペリカンズに快勝し連勝

 

2月14日のゲームから欠場を続けていたネッツのケビンデュラント。

4月8日におこなわれたペリカンズ戦で復帰し、変わらない姿を見せています。

 

1Q 2Q 3Q 4Q T
NOP 33 26 23 29 111
BKN 36 43 36 24 139

 

 

ネッツでは、カイリ―アービングが24得点を挙げスコアリーダーとなっています。

ド派手なダンクも披露しました。

 

 

ラマ―カスオルドリッジが22得点で続いています。

 

 

ケビンデュラントはベンチから17得点を挙げ、スリーポイント2/2を含むFG確率は5/5の100%に加え、フリースローも5/5と相変わらずの理不尽さでした。

 

 

ブレイクグリフィンもド派手なダンクでベンチを沸かせました。

 

 

 

敗れたペリカンズでは、エリックブレッドソーが26得点でスコアリーダーとなっています。

ザイオンウィリアムソンは攻めあぐみ、FG確率33.3%の16得点にとどまり、フリースローも8/14と不調でした。

ベンチからアイザイアトーマスが11得点挙げています。

コメント