【Bリーグ】アーリーカップ2017結果まとめ

Bリーグアーリーカップ2017 関東、関西、東海北陸、東北

 

9/1に開幕したBリーグアーリーカップ2017。

関東、関西、東海北陸ではトーナメントをすべて終え優勝チームが決定しました。

関東

  1. 1.A東京
  2. 2.千葉J
  3. 3.川崎B
  4. 4.栃木B
  5. 5.S渋谷
  6. 6.横浜BC

Sponsored Link


準決勝では、千葉ジェッツvs栃木ブレックス、アルバルク東京vs川崎ブレイブサンダースといったBリーグ屈指の好カードとなりました。

準決勝 千葉vs栃木
https://www.youtube.com/watch?v=BXYByM6FV3E

 

10-0と千葉のスコアリングランから始まったゲームは、昨シーズン王者の栃木に対しその後もリードを広げ結果的に88-56で千葉ジェッツが勝利しています。

栃木は昨シーズンと主要メンバーの入れ替わりも激しく、このゲームでは田臥選手も約3分の出場にとどまりました。

一方の千葉は5人が二桁得点を挙げています。

準決勝 東京vs川崎
https://www.youtube.com/watch?v=YXpP0MUkTxU

 

ファーストシーズンでファイナル進出を果たした川崎が、第4クォーター開始時までに11点をリードしましたが、最終クォーターでアルバルクが一気に逆転し決勝進出を決めています。

初戦で出場の無かった馬場選手もBリーグデビューを果たし、豪快なダンクも披露しています。

決勝 千葉vs東京
https://www.youtube.com/watch?v=RIpo7qMSUhU

 

決勝に相応しく、序盤から終盤まで点差の離れることのない好ゲームでした。

最終クォーター開始時点でアルバルクの1点リードというどちらに転んでもおかしくない展開でしたが、最終クォーターでさらに点差を広げたアルバルクが結果的に77-73で勝利し初代関東アーリーカップ覇者となっています。

スコアリーダーは、アレックスカーク選手の15得点となっていて田中大貴選手が12得点と続いています。

また、馬場選手も11得点の活躍を見せてくれました。

敗れた千葉では、富樫選手が20得点とチームを引っ張りましたが、ややスタートメンバーにプレータイムが偏った印象です。

関西

  1. 1.琉球G
  2. 2.滋賀L
  3. 3.西宮H
  4. 4.大阪E
  5. 5.熊本V
  6. 6.B奈良

Sponsored Link


決勝 琉球vs滋賀
https://www.youtube.com/watch?v=-BFQWU7cO6g

 

第1クォータこそ滋賀がリードしますが、その後は琉球ペースとなり結果的に74-68で勝利し初代関西アーリーカップ覇者となっています。

チーム全体の2ポイント確率が、琉球59.4%だったのに対し、滋賀は41.2%にとどまったのも結果に影響したポイントでしょう。

琉球は、エース岸本選手が3ポイント4本を含む14得点の活躍でチームを引っ張りました。

東海北陸

  1. 1.富山G
  2. 2.名古屋D
  3. 3.信州B
  4. 4.三遠P
  5. 5.A新潟
  6. 6.L北海道

Sponsored Link


決勝 富山vs名古屋
https://www.youtube.com/watch?v=JGcOIn-Wm8A

 

昨シーズン残留戦を戦い抜いた富山グラウジーズが初タイトル獲得となりました。

第1クォーターで9点リードを許した富山は第2クォーターで逆に15点リードし49-43の6点リードで前半を終えます。

第3クォーターで1点リードを広げてそのまま逃げ切った富山が86-83で勝利し初代東海北陸アーリーカップ覇者となっています。

富山では、サムウィラード選手が29得点とチームを引っ張り、宇都直輝選手も23得点を挙げています。

最後に

アーリーカップ2017の結果をまとめてみましたが、やや予想と異なる結果となったのではないでしょうか。

アーリーカップでは、チーム力というよりかはチームの仕上がりの高いチームが上位に食い込んだ印象も少なくありません。

それでも各チーム移籍も少なくなく、シーズンを前にしっかりとした調整になったことは間違いありません。

来週には東北のアーリーカップも控えていますが、本リーグはいよいよ9/29開幕となります。

関連記事



コメントを残す