【Bリーグ】アーリーカップ2017開幕!初日ハイライト

Bリーグアーリーカップ2017 関東、関西、東海北陸、東北

 

セカンドシーズンの開幕を控え、初開催となったBリーグアーリーカップ。

4つの地区に分かれたトーナメント戦は、B1・B2入り乱れての一発勝負のぶつかり合いとなります。

9/1に初日が行われましたが、関東・関西・東海北陸で一回戦が行われ、東北は来週9/7の開幕となります。

各地区の組み合わせと日程は以下のページで確認できます。

[blogcard url=”https://basketballdream.biz/archives/3028″]
スポンサーリンク

関東9/1ハイライト

関東地区では1回戦2試合が行われました。

千葉ジェッツvs横浜Bコルセア―ズ
横浜ビー・コルセアーズvs千葉ジェッツ|B.LEAGUE KANTO EARLY CUP 2017<第1回戦>

 

昨シーズン天皇杯を制した千葉ジェッツは先日モンストを運営するmixiとパートナー契約結んだことでも話題となりました。

 

 

ゲームは序盤こそ競り合いますが、後半に入り千葉ジェッツが一気に点差を広げ結果的に92-70で勝利しています。

 

千葉 横浜
1Q 20 20
2Q 24 18
3Q 32 10
4Q 16 22
92 70

 

アルバルク東京vsサンロッカーズ渋谷
サンロッカーズ渋谷vsアルバルク東京|B.LEAGUE KANTO EARLY CUP 2017<第1回戦>

 

アルバルク東京は昨シーズンとメンバーが大きく入れ替わった印象が強いです。

昨シーズン途中で不適切なプレーにより解雇となったトロイ・ギレン選手の離脱も痛かったですが、Bリーグのファーストシーズンを沸かせた立役者の一人ギャレット選手も退団しています。また、ヘッドコーチも伊藤HCからルカHCに変わっています。

ただ、注目したいのは筑波大からBリーグ参入を果たした馬場雄大選手で、このゲームでは出場しませんでしたが代表ゲームを見てもそのプレーはBリーグを盛り上げてくれることは間違いないでしょう。

Bababoom! Baba Yudai rocks vs Hong Kong (12pts, 5reb, 5ast , 4stl, 1blk)

 

ゲームは、前半渋谷が35-33と2点リードしますが、後半に入りアルバルクが一気に逆転し点差を広げていき結果的に88-67で勝利しています。

馬場選手の影響からなのか、田中選手が積極的なプレーでフィールドゴール確率9/13の20得点を挙げています。

 

東京 渋谷
1Q 21 19
2Q 12 16
3Q 23 15
4Q 32 17
88 67

 

関西9/1ハイライト

関西地区では1回戦2試合が行われました。

熊本ボルターズvs西宮ストークス
西宮ストークスvs熊本ヴォルターズ|B.LEAGUE KANSAI EARLY CUP 2017<第1回戦>

 

熊本 西宮
1Q 15 11
2Q 18 22
3Q 17 15
4Q 24 32
74 80

 

バンビシャス奈良vs大阪エヴェッサ
バンビシャス奈良vs大阪エヴェッサ|B.LEAGUE KANSAI EARLY CUP 2017<第1回戦>

 

奈良 大阪
1Q 15 15
2Q 11 22
3Q 13 19
4Q 22 30
61 86

 

東海北陸9/1ハイライト

東海北陸地区では1回戦2試合が行われました。

新潟アルビレックスvs信州ブレイブウォリアーズ
信州ブレイブウォリアーズvs新潟アルビレックスBB|B.LEAGUE TOKAI HOKURIKU EARLY CUP 2017<第1回戦>

 

新潟 信州
1Q 16 25
2Q 10 24
3Q 26 21
4Q 20 18
72 88

 

富山グラウシーズvsレバンガ北海道
レバンガ北海道vs富山グラウジーズ|B.LEAGUE TOKAI HOKURIKU EARLY CUP 2017<第1回戦>

 

富山 北海道
1Q 17 16
2Q 22 17
3Q 24 16
4Q 24 27
87 76

 

2日目は9/2開催!

初日のゲームでは、千葉ジェッツやアルバルク東京が注目されましたが、昨シーズンB2地区最下位だった信州ブレイブウォリアーズが新潟アルビレックスに勝利したのは大きな出来事でしょう。

また、入れ替え戦でB1残留を決めた富山グラウジーズの勝利に歓喜したファンも少なくないでしょう。

いよいよ明日9/2はセミファイナルで、栃木や川崎、琉球、ドルフィンズなど注目チームもさらに増えます。

アルバルク東京の馬場選手のプレーも気になるところですが、田中大貴選手もかなりキレてましたし、富樫選手はプレータイムも伸びていくでしょう。

初日は全てのゲームがyoutubeでライブ配信されていて驚きましたが、明日もyoutubeで日本のトッププレーが見れることに期待しましょう。

コメント