キャブス連敗。イーストカンファレンスファイナルは2-2のタイに

2016イースタンカンファレンスファイナル第4戦

キャブスがまたスイープしてしまうかのような勢いで始まったイースタンカンファレンスファイナルでしたが、第3戦をホームでラプターズが快勝したためキャブスの2016プレーオフの連勝は10でストップしました。

第4戦も第3戦に続きラプターズのホームでおこなわれています。

ゲーム展開

第3戦のゲーム内容の悪さから試合後相当なミーティングがあったと報じられていたキャブスですが、第4戦でも序盤からリードを奪うことは出来ません。

第1クォーターを27-24でラプターズがリードすると、第2クォーターでは30-17とさらに点差を広げ、前半終了時点で57-41とラプターズがリードします。

第3戦の流れからキャブスファンとしては不安な展開となりましたが、第3クォーターを28-21でキャブスがリードし第4クォーターに望みを繋ぎます。

しかし、ホームコートのラプターズはそれ以上の追い上げを許さず結果的に105-99でラプターズが勝利しています。

 

 

キャブス ラプターズ
1Q 24 27
2Q 17 30
3Q 28 21
4Q 30 27
  99  105

個人スタッツ

キャブスでは、レブロン・アービングの活躍が目立ちましたが、ケビンラブはフィールドゴール確率28.6%の10得点と沈黙しています。

JRスミスも3ポイント3/11と厳しい結果となりました。

得点 アシスト リバウンド
レブロン 29 6 9
アービング 26 6 6

 

勝利したラプターズでは、デローザンとカイルロウリーが大暴れで2人で67得点をたたき出しています。

サンダーのような点の取り方ですが、プレーオフまで来ると1点でも多く入れて勝利したチームが正義と言えるので次戦からの2人のプレーにはさらなる注目が集まりそうです。

得点 アシスト リバウンド
デローザン 32 3 3
ロウリー 35 5 5

 

 

今後の日程

第5戦からは1戦ずつホームコートが入れ替わるため、キャブス→ラプターズ→キャブスのホームことの順でゲームがおこなわれます。

ラプターズがファイナル進出を果たすためにはキャブスのホームコートで1勝を挙げる必要があるため、現段階では流れを考慮してもキャブスに分がありそうです。

第5戦は日本時間の5/26木曜日、午前9:30ティップオフ予定です。

 

 

twitter

コメントを残す