NBA2020プレイオフ 1st バックスvsマジック Game2

NBA2020プレイオフ

 

イースト1位と8位の対決となる、バックスvsマジック。

第2戦が、8月21日におこなわれました。

 

 

 

前半から大きくリードを奪ったバックス。

後半に入っても点差が縮まることはなく、結果的に111-96でバックスが勝利しています。

 

1Q 2Q 3Q 4Q T
ORL 13 30 30 23 96
MIL 25 39 29 18 111

 

バックスではヤニスアデトクンポが28得点20リバウンドの活躍でチームを牽引しました。

それでもFG確率は5割を切り、ターンオーバーも7と好調とは言えません。

 

 

ブルックロペスが20得点、ベンチスタートのパットカナトンが15得点で続いています。

ベテランのカイルコーバーも約15分の出場で、スリーポイント2本を含む9得点挙げています。

クリスミドルトンは、約30分の出場で2得点にとどまりました。

敗れたマジックでは、二コラブーチェビッチが32得点の活躍でチームを牽引しました。

チーム全体ではシュート確率が上がらず、バックスディフェンスに苦しみました。

第2戦もバックスのオフェンスはけして良い状況ではなかったように感じますが、ディフェンスでマジックを圧倒し快勝となりました。

このまま4連勝となる可能性も少なくなさそうです。

 

 

プレイオフその他のゲームハイライトは以下から。

 

NBA2020プレイオフ結果一覧&ハイライト
画像引用元-bleacherreport.com1stラウンドイースタンカンファレンスバックス vs マジックバックス...

夏までに腹筋をかっこよく鍛える
AUOPLUS
鍛える部位:おもに腹筋中央に位置する『腹直筋』と側部に位置する『腹斜筋』、さらに『上腕三頭筋』です。これを続けることにより、シックスパックと引き締まった二の腕に近づくことができる。また、背中を支える『広背筋』や『脊柱起立筋』も刺激されます。一輪タイプは腹筋だけでなく、腹斜筋などバランス良く鍛えられることが魅力。力を入れながら姿勢を保つトレーニングにも発展できるので、体幹をはじめとするバランス力の向上にも期待されています。
バーベルにもなるダンベル
Wout
無駄な流通網を通さず工場との直取引によって圧倒的なコストパフォーマンスを実現。安価でも品質を犠牲にすることなく「初心者の方が求めやすい価格で使い勝手の良いダンベルを皆様にお届けする」というコンセプトを掲げ有名スポーツブランドが使用する世界各国の生産工場にて製造。                     

NBA2020プレイオフ・ファイナル
OverTime

コメント