NBA2018プレイオフハイライト

怪我から復帰したデリックローズ、プレシーズンマッチで活躍見せる

両膝の故障によりここ2シーズンをほぼリハビリに費やしたシカゴブルズのデリックローズですが、FIBAワールドカップにも参加しNBAの開幕をひかえたプレシーズンマッチでも元気な姿を見せています。

両膝の手術となればバスケットに限らずトッププロが同じような活躍を見せるのは困難と誰もが思ってしまうような出来事ですが、シーズンMVP獲得の実績もあるデリックローズにはどうしても以前のようなプレーを期待してしまいますね。

プレースタイル的にも膝に負担がかかるのは誰が見ても分かるところですが、長い期間のリハビリで今後の怪我に対するケアを含めたトレーニングもしていると思われるので、もうこれ以上長い休養は避けてほしいところです。

 

 

ディフェンスを切り裂くようなドライブに管理人も期待してしまいますが、見ているとどうしても怪我の心配のほうが強くなってしまいますね。

鋭いドライブや細かい切り替えしをすればするほど膝には負担がかかるのでファンとしてはスパープレーが見たいのは当然ですが複雑な気持ちにもなります。

web上では以前のようなプレーはもう見ることが出来ないという声も多数目にしますが、上の動画を見ただけでもやはり期待してしまうほどのプレイヤーです。

 

 

しばらく見ていなかったからかやっぱり凄いですね・・・

上の動画のような動きをするのは難しいというのも分かる気がしますが、単純にもう一度見たいという思いのほうが強いです。

今シーズンのイースタンカンファレンスは予想できない展開となりそうですし、パウガソールも加わりデリックローズの復帰したシカゴブルズが上位争いを演じるのは間違い無さそうです。

 

 

[btn_l color=”green” corner=”r” url=”http://sneakerlove.biz/archives/category/%e3%83%90%e3%82%b9%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%ba”]NBA選手モデルの人気バッシュはこちら。[/btn_l]

 




2014-15シーズンオフ
フォローする
バスケ教材ランキング
バスケットボール上達革命

Bリーグの前身であるBJリーグアカデミーで校長をつとめた東英樹先生の教材です。

90日間でバスケが上手くなれるプログラムで、サポートと返金保証もついています。

一人でもできるバスケットボール上達練習法

NBA解説者の中原雄氏の教材です。

ひとりでおこなえる練習内容で、ゴールがなくても練習できる内容も含まれています。

6か月のメールサポートに加えて練習上達のチェックリストでより効果的な練習を目指します。

福岡大大濠マッチアップゾーンディフェンスの極意

福岡大大濠高校の片峯聡太監督監修の教材です。

インターハイを制したマッチアップゾーンディフェンスの極意を惜しげもなく指導しています。

難しいと言われるマッチアップゾーンディフェンスをやさしくマンツーマンから指導してくれます。

人気記事



Basketball Dream

コメント