サンズvsクリッパーズ ディアンドレエイトンが復帰 NBA2019-20

NBA2019-20シーズン

 

ドーピング検査により、25試合の出場停止処分を受けていたディアンドレエイトンが、12月18日のクリッパーズ戦で復帰しました。

ゲーム展開

 

1Q2Q3Q4QT
PHX2321253099
LAC31233630120

 

第1クォーター中盤辺りから、終始クリッパーズがリードする展開となりました。

後半その点差は20点まで広がり、結果的に120-99でクリッパーズが勝利しています。

サンズは、エイトンの復帰ゲームでしたが、デビンブッカーが欠場し得点を効率よく挙げることが出来ませんでした。

 

ロサンゼルスクリッパーズ

クリッパーズは、ポールジョージ24得点、カウイレナード20得点、ルーウィリアムズ20得点、モントレズハレル15得点と4人でバランスよく79得点を記録しています。

4人の中でFG確率が5割を切ったのもポールジョージのみでした。

 

 

 

フェニックスサンズ

サンズでは、ケリーウーブレイJrが19得点でスコアリーダーとなっています。

開始早々、ポールジョージ相手にド派手なダンクを叩き込んでいました。

 

 

デアンドレエイトンも18得点12リバウンドを記録しています。

 

 

最後に

サンズはこのゲームを終え、11勝16敗でウェスト10位まで順位を落としてきました。

ブッカーが戻り、シーズン序盤のように勝ち星を続けてほしいところです。

クリッパーズは、気付けば21勝8敗でウェスト2位に定着してきています。