AD不在のレイカーズがペイサーズに敗れロード初黒星 NBA2019-20

NBA2019-20シーズン

 

好調続けるロサンゼルスレイカーズ。

第28戦は、12月18日にアウェイでインディアナペイサーズと対戦しました。

ゲーム展開

Lakers vs Pacers Full Game Highlights! 2019 NBA Season

 

1Q2Q3Q4QT
LAL28242426102
IND24262827105

 

ゲームは終始接戦ムードでしたが、後半に入るとペイサーズがリードする時間帯が続きました。

それでもレイカーズは終盤に追いつき、逆転しますがクラッチタイムの攻防で競り負け、結果的に105-102でペイサーズが勝利しています。

 

ロサンゼルスレイカーズ

レイカーズでは、レブロンジェームズが20得点9リバウンド9アシストの活躍でスコアリーダーとなっています。

素晴らしいパスを連発していましたが、アンソニーデイビス不在の状況は厳しく、スリーポイントも0/6で不調でした。

 

HIGHLIGHTS | LeBron James (20 pts, 9 reb, 9 ast) vs Indiana Pacers

 

ドワイトハワードも20得点を挙げ、リング近辺ではありますがFG確率10/10を記録しています。

 

HIGHLIGHTS | Dwight Howard (20 pts, 6 reb) vs Indiana Pacers

 

レイカーズは、チーム全体のフリースロー確率が8/17と5割を切り、勝敗に直結する結果となりました。

クラッチタイムでもレブロンとハワード2人で4本連続外すシーンも見られました。

 

インディアナペイサーズ

ペイサーズでは、ドマンタスサボニスが26得点10リバウンドの活躍でチームを引っ張りました。

マイルズターナーが16得点、実質ゲームウィナーとも言えるショットを決めたマルコムブログドンが14得点で続いています。

 

最後に

アンソニーデイビス不在ではありましたが、勝利したペイサーズのホームコートは大盛り上がりでした。

レイカーズは、12月20日にミルウォーキーバックスとの対戦が控えていますが、共に前のゲームで敗れ連勝ストップと意外な展開になりました。

両チームとも連敗はまだないため、どちらにしても面白いゲームになることは間違いないでしょう。