レイカーズvsクリッパーズ 開幕戦から激闘 NBA2019-20

 

シーズンオフに大幅なメンバー補強をおこなった、ロサンゼルスに本拠地を置くレイカーズとクリッパーズ。

共にシーズン前の優勝予想では筆頭に挙げられるほど、そのメンバーは強力です。

そんな両チームの対戦となるNBA2019-20シーズンの開幕戦が10月23日におこなわれました。

ゲーム展開

 

1Q2Q3Q4QT
LAL25293117102
LAC22402327112

 

序盤はレイカーズがリードしスタートしたゲームですが、レナードにエンジンがかかり始めると、第2クォーターでクリッパーズがゲームをひっくり返しました。

しかし、第3クォーターではダニーグリーンのスリーポイントなどでレイカーズが同点に追いつき、勝負は最終クォーターへ。

第4クォーターでは、ホームのクリッパーズが中盤で点差を2ケタまで広げると、そこから追いつくほど点差が詰まることはなく、結果的に112-102でクリッパーズが勝利しています。

 

ロサンゼルスクリッパーズ

初フィールドゴールまでやや時間のかかったレナードでしたが、そこから30得点を挙げスコアリーダーとなっています。

6リバウンド5アシストに加えて、2スティール、1ブロックとディフェンスでの存在力も相変わらずでした。

レブロンとのマッチアップや、ハワードのダンクをブロックするシーンなどオープニングゲームとは思えない雰囲気でした。

ターンオーバーが6と多いですが、すぐに改善されていくでしょう。

 

 

ベンチスタートのルーウィリアムズとモントレズハレルも2ケタ得点を挙げ変わらない活躍を見せています。

ルーウィリアムズの上手さと、ハレルの強さ。

レナードの加入に加えて、まだポールジョージが復活してくると思うと楽しみでなりません。

べバリーは、FG確率1/7と苦しみましたが、変わらないディフェンスで+/-ではハレルに続く+13を記録しています。

日本でもファンの多いシャメットもスリーポイントを2/4で沈めました。

 

ロサンゼルスレイカーズ

レブロンとデイビスは、共にFG確率が上がらず4割を切っています。

それでもリバウンドやアシスト数も多く、まだまだここからと多くのファンが感じているでしょう。

 

 

 

スコアリーダーは、ダニーグリーンの28得点となっていてスリーポイントを7/9で沈めています。

これ以上ないレイカーズデビュー戦となりましたが、レブロンとデイビスに意識が集まることは必然で、2人ともパスアウトもうまいため今後も高確率のスリーポイントに期待が集まります。

 

 

新加入のブラッドリー、ハワード、クック、ダドリーも2ケタ以上のプレイタイムでらしい姿を見せていました。

ダドリーのスリーポイントには、ベンシモンズも驚きでしょうか?!

スタッツの詳細は、公式サイトから。

https://jp.global.nba.com/boxscore/#!/0021900002

 

最後に

モンスターハウスのような役者の揃ったタフなゲームでした。

まだポールジョージや、ラジョンロンドが欠場していると思うと末恐ろしいです。

今シーズンにかける思いが相当なのか、オープニングゲームからプレイオフのような激闘となった印象です。

レギュラーシーズンだけでもこのカードはあと3回見ることが出来ます。