NBAスリーポイントランキング

ドレイモンドグリーンが危険なプレイでまた退場処分に

 

今シーズン、乱闘騒ぎで退場と5試合の出場停止を受けたウォリアーズのドレイモンドグリーン。

 

 

12月13日におこなわれたサンズ戦でも、ポジション取りの争いから腕を大きく振り、相手選手の顔にヒットさせてしまい退場処分となりました。

腹部かユニフォームを引っ張られているのはグリーンですが、その後の対応はさすがにプロスポーツ選手に相応しいものではありませんでした。

日本のNBAファンの中でも、さすがにほとんどが酷評する意見でプレイの悪質さと共に、退場と欠場によるチームへの影響を指摘する声も多く挙がっていました。

このゲームも、ウォリアーズが序盤のリードを溶かし、終盤猛追しましたが結果的に119-116で敗れています。

 

 

グリーンは試合後の会見で、殴るつもりはなかったとヌルキッチに謝罪しています。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました