ネッツがロケッツに逆転勝利で3連勝 イースト首位に浮上

 

ケビンデュラントの欠場が長引く中、補強もうまくいき勝率を上げるネッツ。

4月1日におこなわれたロケッツ戦にも、120-108で逆転勝利しイースト首位浮上です。

 

1Q 2Q 3Q 4Q T
HOU 42 26 19 21 108
BKN 29 28 29 34 120

 

 

ネッツでは、カイリ―アービングが31得点12アシストでスコアリーダーとなっています。

 

 

ジョーハリスが28得点で続き、スリーポイントを7/12で沈めました。

ジェームズハーデンは、17得点6アシストにとどまりましたが、プレイタイムを制限できました。

試合開始前には、ロケッツのコーチ陣といい雰囲気でコンタクトしていました。

 

 

ブレイクグリフィンも高確率で11得点挙げています。

 

 

 

敗れたロケッツでは、ケビンポーターJrが20得点でスコアリーダーとなっています。

ダニエルハウスJrが18得点、クリスチャンウッドとケリーオリニクが14得点で続いています。