ニックスがウィザーズに快勝 ジュリアスランドル37得点7スリー

 

プレイオフ圏内を維持する、ニューヨークニックス。

3月24日におこなわれたウィザーズ戦にも、131-113で勝利しています。

 

1Q 2Q 3Q 4Q T
WAS 31 18 31 33 113
NYK 39 30 39 23 131

 

 

ニックスでは、ジュリアスランドルが37得点でスコアリーダーとなっています。

スリーポイントも7/10と好調でした。

RJバレットが21得点で続き、ウェストブルックへの豪快なブロックも披露しました。

アレックバークスが20得点、ミッチェルロビンソンが16得点、イマニュエルクイックリーが14得点で続いています。

 

 

敗れたウィザーズでは、ブラッドリービールが22得点でスコアリーダーとなっています。

それでもシュート確率が上がらない中、永遠とビール中心のセットを続けるHCに対し批判の声も挙がっていました。

 

 

ラッセルウェストブルックが14得点12アシストで続いていますが、FG確率21.4%と厳しい数字でした。

デニアヴディアも14得点を挙げ、ガベージタイムとはいえ、ちゃんとボールが回ればいいプレイの出来る選手という声が多かったです。

 

 

八村塁選手は、11得点7リバウンドを記録しました。

 

 

コメント