シクサーズがニックスに競り勝ち6連勝 ハリス30得点 ニックスは連戦の惜敗

 

ジョエルエンビードを欠きながらも連勝を続ける、セブンティーシクサーズ。

3月17日におこなわれたニックス戦にも、99-96で逆転勝利し6連勝です。

ニックスは、先日のネッツ戦に続いて連戦で上位チーム相手に惜敗となりました。

 

 

 

1Q2Q3Q4QT
NYK2135261496
PHI2028252699

 

 

シクサーズでは、トバイアスハリスが30得点でスコアリーダーとなっています。

終盤のジャンパーに加えて、フリースローもしっかりと沈め勝利を呼び込みました。

 

 

セスカリーが20得点、ベンシモンズが16得点で続いています。

 

 

 

ベンチからドワイトハワードも11得点12リバウンド3ブロックの活躍でした。

ダニーグリーンとフルカンコルクマズは、スリーポイント確率が上がりませんでした。

 

 

敗れたニックスでは、ジュリアスランドルが19得点15リバウンド8アシストでスコアリーダーとなっています。

ニックスは、6人の選手が2ケタ得点を挙げ終始リードする展開でしたが、第4クォーターは14点しか挙げれず、悔しい連敗となりました。