ジャズがシクサーズとの首位対決制し8連勝 クラークソン40得点 ベンシモンズ42得点

 

両カンファレンスの首位対決となった、シクサーズvsジャズ。

7連勝中のジャズが、134-123で勝利し8連勝で23勝5敗でウェスト首位をキープしています。

 

1Q 2Q 3Q 4Q T
PHI 42 24 28 29 123
UTA 35 37 34 28 134

 

 

ジャズでは、ベンチからジョーダンクラークソンが約29分の出場で40得点を挙げスコアリーダーとなっています。

 

 

ドノバンミッチェルが24得点、ジョーイングルスが20得点で続いています。

敗れたシクサーズでは、ジョエルエンビードが欠場の中、ベンシモンズが42得点9リバウンド12アシストの活躍でチームを牽引しました。

スリーポイントは放っていませんが、フリースローも12/13で沈めています。

42得点は自身のキャリアハイを更新しています。

 

 

トバイアスハリスが36得点、ドワイトハワードが14得点12リバウンドで続いています。