NBA2018プレイオフハイライト

NBA2013-14いよいよファイナル!勝つのはどっちだ?!

NBA2014ファイナル

 

昨年と同じ顔合わせ、サンアントニオスパーズVSマイアミヒートとなったNBA2014ファイナルは現地時間の6月5日からいよいよ始まります。

レギュラーシーズン成績の上回るスパーズのホームコートであるサンアントニオから2-2-1-1-1という流れでホームコートを移動し戦われますがみなさんはどちらが勝つと予想されていますか?!

様々な意見がここで飛び交いそうですが、各チームのファンをのぞけば正直なところ半々に近い予想となるでしょう。

それ程どちらが勝つかは分からないといえるカードで、レギュラーシーズン・これまでのプレーオフをみてもスパーズはファーストラウンドこそ苦戦しましたが、両チームともそれ以外は最終戦にもつれることなく勝ちあがってきています。

昨年のファイナルでも第7戦までもつれこみその実力は伯仲していました。

結果的には第6戦でのレイアレンの劇的な3ポイントでオーバータイムの末、勝利したことが大きく響きヒートが勝利しましたが、スパーズが勝利してもおかしくないシリーズだったことは見ていた方ならご存知でしょう。

 

https://www.youtube.com/watch?v=nFQy-qmyotc

 

主要な選手も昨年とほぼ変わらない両チームですが、ファイナルで異なる点は、昨年はヒートがホームコートアドバンテージをもっていて4戦をホームコートでおこないましたが今年はスパーズの方がレギュラーシーズン成績がよかったのでスパーズにホームコードアドバンテージがあるということと、両チームは関係ありませんが今年からファイナルも2-2-1-1-1のホームを移動しての戦いとなるといった点です。

ファーストラウンド以降スパーズもホームことでは負けていませんし、ヒートに関してはまだ一度もホームで負けていないのでホームコートアドバンテージがどれほど優位に働くかは見て取れますが、この点だけでも大きくスパーズが有利なのは間違いありません。

ホームコートを移動する日程が変更になったのは未知数ですが、ヒートがホームで3連勝という期待がなくなってしまったのは事実です。

最終戦はサンアントニオでおこなわれるのは変わらないので要は同じなのかもしれませんが、どのように影響していくのか楽しみです。

管理人はプレーオフが始まる前の記事でヒートVSサンダーの対決を予想していましたが、スパーズの強さにはあらためて驚かされました。

サンダーの個人技がかすむほどのチーム力でカンファレンスファイナルを圧倒した強さは今年は!と思わせるものでしたが、相手は2連覇中の王者ヒートなので同じようなゲーム展開になるとは考えにくいです。

管理人の予想はズバリ、ヒートですが最後まで悩みになやんだ答えです・・・

別に何かを賭けてるわけでもないですし、勝手に予想しているだけなので外れたところで何もないんですが、バスケとNBAが好きな方は同じように悩み考えているでしょう。

理由はレブロンがいるからというのが一番大きいです。

スリーピートに加えて3年連続のファイナルMVPを見せて欲しいという思いが強いです。

ジョーダン、シャックしか成し遂げていないとんでもない記録です・・・

ホントは得点力やディフェンスのデーターなどからも書きたかったのですが、少し長くなってしまったのでまた別のページで書きたいと思います。

 

https://www.youtube.com/watch?v=coXloPKD8CA

 




2014プレイオフ・ファイナル
フォローする
バスケ教材ランキング
バスケットボール上達革命

Bリーグの前身であるBJリーグアカデミーで校長をつとめた東英樹先生の教材です。

90日間でバスケが上手くなれるプログラムで、サポートと返金保証もついています。

一人でもできるバスケットボール上達練習法

NBA解説者の中原雄氏の教材です。

ひとりでおこなえる練習内容で、ゴールがなくても練習できる内容も含まれています。

6か月のメールサポートに加えて練習上達のチェックリストでより効果的な練習を目指します。

福岡大大濠マッチアップゾーンディフェンスの極意

福岡大大濠高校の片峯聡太監督監修の教材です。

インターハイを制したマッチアップゾーンディフェンスの極意を惜しげもなく指導しています。

難しいと言われるマッチアップゾーンディフェンスをやさしくマンツーマンから指導してくれます。

人気記事



Basketball Dream

コメント