ブレイザーズがマブスに競り勝ち8位浮上 リラード61得点

NBA2019-20シーズン

 

激しい順位争いが繰り広げられている、ウェスタンカンファレンス。

8月12日におこなわれたマブスvsブレイザーズの一戦でブレイザーズが接戦を制し8位に浮上しました。

 

 

レベルの高い接戦でしたが、ダミアンリラードが61得点を挙げチームを勝利に導いています。

出場時間 41:05
得点 61
リバウンド 5
アシスト 8
FG確率 17/32
53.1%
3PT確率 9/17
52.9%
FT確率 18/18
100%
ターンオーバー 3
+/- +8

 

 

 

カーメロアンソニーも好調で、高確率で26得点記録しています。

 

 

敗れたマブスでは、クリスタルポルジンギスが36得点でスコアリーダーとなっています。

スリーポイント7/9を含むFG確率は12/17の70.6%を記録しました。

 

 

ついに入れ替わったウェスタンカンファレンスの順位。

8位と9位のプレイオフをかけた戦いはどのチームになるでしょうか?!

NBA順位表(公式サイト)

コメント