1/11 NBA2018-19 スパーズvsサンダー ダブルOTの激戦

NBA2018-19レギュラーシーズン

 

年が明け、オールスターの話題も挙がり始めたNBA2018-19シーズン。

1/11にはウェストで好調のスパーズとサンダーが対戦しています。

スポンサーリンク

スパーズ vs サンダー

1Q 2Q 3Q 4Q O1 O2
SAS 33 37 35 25 11 13 154
OKC 23 40 30 37 11 6 147

ホームのスパーズが常時リードする展開でしたが、第4クォーターに嫌な追いつかれ方をしオーバータイムへともつれ込みました。

ダブルオーバータイムへともつれ込みますがスパーズが競り勝ち、結果的に154-147で勝利しています。

 

OKC Thunder vs San Antonio Spurs Full Game Highlights | 01/10/2019 NBA Season

 

スパーズはこの試合スリーポイントを16/19(84.2%)の高確率で沈めました。

前半終了時に100%だったことからSNSでも話題となっていましたが、4Q終了時点でも15/16の93.8%と驚異的な数字でした。

個人スタッツ

スパーズ

勝利したスパーズではオルドリッジがキャリアハイとなる得点挙げチームを勝利に導きました。

インサイドで強くプレーすることで、チームの高確率なスリーポイントにも繋がったのは間違いないでしょう。

 

LaMarcus Aldridge CAREER-HiGH 56 Pts! 2019.01.10 Spurs vs Thunder, EPiC! | FreeDawkins

 

各選手スリーポイントの内訳は以下の通りです。

選手 得点 3PT
ホワイト 23 1/3
フォーブス 14 3/3
ミルズ 14 3/4
ベリネリ 19 5/5
ベルターンス 12 4/4

デローザンは16得点を挙げていますがスリーポイントは放っていません。

また、2度託されたクラッチショットはいずれも外れています。

サンダー

サンダーではポールジョージが30得点でスコアリーダーとなっています。

それ以上にウェストブルックの24得点13リバウンド24アシストが目立っていました。

 

Russell Westbrook UNREAL Triple-Double 24 Pts, 24 Asts, 13 Rebs! 2019.01.10 vs Spurs

 

ファーガソンもスリーポイントを7/10で沈め21得点挙げています。

最後に

インサイドのオルドリッジがキャリアハイの得点を挙げ、スリーポイントを超高確率で沈めたスパーズ。

バスケットファンからするとやはり学ぶべき点がとても多いチームです。

黒星が続き一時はどうなることかと思われましたが、12月あたりから明らかに状況が変わっています。

サンダーもウェストブルックとポールジョージに加えて、周りの選手の活躍も目立ちました。

このゲームを終え、サンダーが3位、スパーズが7位となっています。

コメント