【NBA2018-19】マイケルビーズリーがレイカーズへ移籍

レイカーズ

 

レブロンジェームズの移籍が決まってから様々な選手を獲得しているロサンゼルスレイカーズ。

NBAの中でも一風変わった選手も多く話題を呼んでいますが、また1人癖の強い選手が加わるようです。

マイケルビーズリーがレイカーズへ移籍

2017-18シーズンはニックスでプレイし、ベンチスタートが多かったにもかかわらず平均2桁得点以上を挙げたマイケルビーズリーと1年契約を結んだとの報道です。

 

 

2008年ドラフト2位の選手

ビーズリーは2008年ドラフトでマイアミヒートに2位指名されるほどの実力者です。

2008年のドラフト組では以下のような選手が挙げられます。

  • デリックローズ(1位)
  • ラッセルウェストブルック(4位)
  • ケビンラブ(5位)
  • エリックゴードン(7位)
  • ジャベールマギー(17位)
  • ジョージヒル(26位)

ウェストブルックやケビンラブよりも学生時代は評価が高かった選手ということになります。

先日レイカーズに移籍したマギーも同世代というのも意味深です。

素行の悪さで有名?!

これまでNBAだけでも度重なる移籍を繰り返し、中国リーグでもプレイしたビーズリー。

プレイとは違うところで問題も多いようです。

高校時代からその素行の悪さは有名だったようですが、レブロンのもとならその才能をいかんなく発揮してくれるのではないかと期待してしまいます。

 

 

ファンの声

 

DR
DR

また癖が強いの来たな~マジックはなんか面白いこと考えてそう

SO
SO

レブロンならきっとなんとかしてくれる・・・仙道思い出すわ

RA
RA

よく知らんかったけどこんな勿体ない選手もゴロゴロしてんだろうな~

CW
CW

こういう選手は日本に来なよ

GH
GH

30歳くらいか?!ラストチャンスかもね

MJ
MJ

なんか大化けしそうな気がする


夏までに腹筋をかっこよく鍛える
AUOPLUS
鍛える部位:おもに腹筋中央に位置する『腹直筋』と側部に位置する『腹斜筋』、さらに『上腕三頭筋』です。これを続けることにより、シックスパックと引き締まった二の腕に近づくことができる。また、背中を支える『広背筋』や『脊柱起立筋』も刺激されます。一輪タイプは腹筋だけでなく、腹斜筋などバランス良く鍛えられることが魅力。力を入れながら姿勢を保つトレーニングにも発展できるので、体幹をはじめとするバランス力の向上にも期待されています。
バーベルにもなるダンベル
Wout
無駄な流通網を通さず工場との直取引によって圧倒的なコストパフォーマンスを実現。安価でも品質を犠牲にすることなく「初心者の方が求めやすい価格で使い勝手の良いダンベルを皆様にお届けする」というコンセプトを掲げ有名スポーツブランドが使用する世界各国の生産工場にて製造。                     

NBA2018-19シーズンオフ
OverTime

コメント