富樫選手、NBAサマーリーグに出場!ハイライト動画にも

NBAサマーリーグ

 

レブロンジェームスのキャブスへの移籍が正式に決まり、来季のNBAに向けて様々な期待が飛び交っていますが、そんな来季に活躍する可能性のある若手プレイヤーもサマーリーグで白熱な戦いを繰り広げています。

ドラフト1位、2位のアンドリュー・ウィギンス、ジャバリ・パーカーのプレイは毎日のように取り上げられていますが、やはり日本人としてはマブスのロスター入りを果たした富樫勇樹選手に注目してしまいます。

第1戦は6分ほどの出場時間を与えられてアシストも記録した富樫選手でしたが、第2戦ではプレイタイムを与えられることなく終了してしまい、迎えた第3戦では1試合振りにコートの上に立ちました。

ラプターズ相手に序盤からリードを広げたマブスは88-57と大勝しています。

第4Qの残り4分弱のところで富樫選手は出場し、前回では0本のシュートだったのに対し2本3ポイントを放ちましたが決めることは出来ませんでした。

しかし、ディフェンス面で素晴らしいプレイを見せ、NBAのハイライト動画にもその姿が大きく取り上げられています。

 

 

4分弱の出場で、1分40秒のハイライトにこれだけ映し出されるのは凄いです。

なにかしらの注目を浴びているとしか思えませんが、これで次回からは出場の機会が少しでも増えればと強く願います。

たた正直、30点差のゲームで4分しか出してくれないのか?!と思ってしまうほど現状は厳しいです。

シュートを打ったとか言っているレベルの選手ではないのですが、やはりNBAはそれほどまでに厳しいということでしょう。

上の動画で、ファールをもらった後のチームメイトからの声援などは半端じゃなかったのでいいコミニケーションはとれているように感じます。

それまでの動画では何度も他の選手の素晴らしいプレイがありましたね・・・・マブス7番のリッキー・リド選手は同じガードですが、現役のマブスのNBAプレイヤーで、さすがに雰囲気があります。

それでも富樫選手が開幕ロスター入りを果たすとすればそんなプレイヤー達と同じかそれ以上のパフォーマンスを見せなければいけないので、残りの試合にも大注目です。

またハイライト動画に映りこむようなプレイに期待しましょう。


夏までに腹筋をかっこよく鍛える
AUOPLUS
鍛える部位:おもに腹筋中央に位置する『腹直筋』と側部に位置する『腹斜筋』、さらに『上腕三頭筋』です。これを続けることにより、シックスパックと引き締まった二の腕に近づくことができる。また、背中を支える『広背筋』や『脊柱起立筋』も刺激されます。一輪タイプは腹筋だけでなく、腹斜筋などバランス良く鍛えられることが魅力。力を入れながら姿勢を保つトレーニングにも発展できるので、体幹をはじめとするバランス力の向上にも期待されています。
バーベルにもなるダンベル
Wout
無駄な流通網を通さず工場との直取引によって圧倒的なコストパフォーマンスを実現。安価でも品質を犠牲にすることなく「初心者の方が求めやすい価格で使い勝手の良いダンベルを皆様にお届けする」というコンセプトを掲げ有名スポーツブランドが使用する世界各国の生産工場にて製造。                     

NBA2014-15シーズンオフ
OverTime

コメント