リオ五輪 日本バスケット女子 ブラジル破り連勝!

日本

 

リオオリンピック開催から数日経ちましたがメダル獲得のニュースが毎日のように飛び込んできます。

バスケットファンからするとアメリカ代表のゲームが気になるところかもしれませんが、日本代表も女子はオリンピックに出場しています。

12年振りの出場ですが、グループリーグの初戦をベラルーシ相手に勝利しています。

終始接戦だったゲームに競り勝った姿は男女問わず多くの日本人バスケットボールプレイヤーに勇気と感動を与えてくれたのではないでしょうか。

グループリーグの第二戦は、開催国であるブラジルとの対戦となりました。

FIBAにも世界ランキングはあり、男女ともにアメリカがダントツの1位ですが、日本女子はオリンピック前の段階で16位としています。

ちなみにベラルーシは10位、ブラジルは7位としていて、オリンピックに出場しているチームのほとんどが日本よりも上位ランカーだと考えていいでしょう。

少し話がずれましたが、開催国の上位ランカーとの対戦となった日本ですが、第2クォーターから徐々にリードを広げ第3クォーター終了時点で73-52と21点の大量リードを奪います。

第4クォーターはブラジルがリードしますが、点差を守りきり結果的に82-66でブラジルに勝利し予備予選リーグ2連勝となりました。

上位国相手に余裕のあるゲームは次ゲームからの更なる活躍に期待をもたせてくれるものでした。

日本のスコアリーダーは、WNBAでプレイする渡嘉敷来夢選手で、23得点としています。

キャプテンの吉田選手も11得点としていますが、得点以外にもアシスト、ディフェンス、ゲームメイクと様々な角度からチームを引っ張っている印象です。

ワールドカップを怪我で欠場した悔しさもあるのかもしれません。

次ゲームは、日本時間の8/10(水)AM5:45、世界ランク10位(ベラルーシと同率)のトルコと対戦します。

トーナメントは準々決勝からとなっているのでグループリーグで4位までに入れば決勝トーナメントに出場できます。

グループリーグは残り3試合で現状ではとても有利な状況ですが、残り3試合もトルコ(世界ランク10位)、フランス(世界ランク4位)、オーストラリア(世界ランク2位)と競合揃いなので気は抜けないでしょう。

ちなみに逆グループは、アメリカが2試合で得失点差105点とこれまた尋常じゃない強さを見せています。

男子はアメリカ以外にも多くのNBA選手が出場しているので、また動画を見つけ次第結果と共にアップしたいと思います。


夏までに腹筋をかっこよく鍛える
AUOPLUS
鍛える部位:おもに腹筋中央に位置する『腹直筋』と側部に位置する『腹斜筋』、さらに『上腕三頭筋』です。これを続けることにより、シックスパックと引き締まった二の腕に近づくことができる。また、背中を支える『広背筋』や『脊柱起立筋』も刺激されます。一輪タイプは腹筋だけでなく、腹斜筋などバランス良く鍛えられることが魅力。力を入れながら姿勢を保つトレーニングにも発展できるので、体幹をはじめとするバランス力の向上にも期待されています。
バーベルにもなるダンベル
Wout
無駄な流通網を通さず工場との直取引によって圧倒的なコストパフォーマンスを実現。安価でも品質を犠牲にすることなく「初心者の方が求めやすい価格で使い勝手の良いダンベルを皆様にお届けする」というコンセプトを掲げ有名スポーツブランドが使用する世界各国の生産工場にて製造。                     

女子
OverTime

コメント

  1. なでしこ より:

    他のスポーツに比べると報道少ないので知りませんでした。
    男子は出てないんですか?
    次も頑張ってほしいです!

    • iezo.net basketball より:

      こんにちは。
      開催国の強豪相手に勝利したのは凄いですね!
      男子はオリンピック前の予選で敗退してしまったため残念ですが出場していません。
      その分も女子を応援しましょう!