スパーズのティムダンカンが引退を表明!Thankyou”TD”

ティムダンカン

 

ビッグネームの移籍が相次ぐNBA2016-17シーズンオフですが、ティムダンカンが引退を表明というニュースがありました。

NBA入団から19年ウェスタンカンファレンスの強豪、サンアントニオスパーズのPFとしてプレイしたティムダンカンの引退表明にファンからは悲しみの声よりも感謝の声が多く挙がりました。

Thankyou”TD”

今日(2016.7/12)、管理人がSNSで最も多く見たワードです。

 

 

ローポスト近辺からのバンクショットがダンカンの代名詞とも言えますが、ダンカンの引退を聞いたファンからはNBA史上最も優秀なパワーフォワードではないかという声も多数見受けられました。

ルーキーイヤーからシーズン平均21.1得点、フィールドゴール確率54.9%とという記録はまさにその偉大さを物語っているのかもしれません。

そこから昨シーズン前(2014-15)まで近い数字の得点と10本平均前後のリバウンドを精密機械のように刻んできたプレイにも称賛が挙がるのも当然でしょう。

バスケットは確率のスポーツなので、こんなインサイドプレイヤーがいたらポイントガードやヘッドコーチはさぞゲームを組み立てやすかったでしょう。

 

 

ガソールのスパーズ移籍の時点で気付いていたファンもいるのかもしれませんが、ジノビリが現役続行を表明していましたし来シーズンもダンカンのいるスパーズを見たいというファンも多かったのが事実でしょう。

コービーブライアントに続き偉大なプレイヤーの引退表明となりましたが、2015-16シーズンにチーム最高勝率でプレイオフにのぞみながらカンファレンスセミファイナルでサンダーに敗れたというのも影響があったのかもしれません。

現実に昨シーズンのダンカンの出場ゲームは61試合にとどまり、平均8.6得点と現役生活の中で初めて2ケタを割る結果となっています。

プレイオフでも出場時間は前年までの半分近くまで減り、平均5.9得点とこちらも初めて2ケタを割る記録となってしまいました。

39歳という年齢はやはり世界最高峰のNBAでは厳しい現実というものがあるのは事実です。

しかし最終シーズンにオルドリッジという素晴らしい後継者とプレイしたことはNBAにとっても大きかったのではないでしょうか?!

偉大なダンカンのプレイが今後のNBAや全世界のバスケットボールプレイヤーに引き継がれることを願って今回はこのあたりで。


夏までに腹筋をかっこよく鍛える
AUOPLUS
鍛える部位:おもに腹筋中央に位置する『腹直筋』と側部に位置する『腹斜筋』、さらに『上腕三頭筋』です。これを続けることにより、シックスパックと引き締まった二の腕に近づくことができる。また、背中を支える『広背筋』や『脊柱起立筋』も刺激されます。一輪タイプは腹筋だけでなく、腹斜筋などバランス良く鍛えられることが魅力。力を入れながら姿勢を保つトレーニングにも発展できるので、体幹をはじめとするバランス力の向上にも期待されています。
バーベルにもなるダンベル
Wout
無駄な流通網を通さず工場との直取引によって圧倒的なコストパフォーマンスを実現。安価でも品質を犠牲にすることなく「初心者の方が求めやすい価格で使い勝手の良いダンベルを皆様にお届けする」というコンセプトを掲げ有名スポーツブランドが使用する世界各国の生産工場にて製造。                     

NBA2016-17シーズンオフ
OverTime

コメント

  1. 落ち目 より:

    スポーツ選手の引退というのはホントに難しいところがあります。
    経験値と年齢による身体能力の低下が比例しないからかもしれません。
    ダンカン、ジノビリ、パーカーのバスケが好きでした!

    • iezo.net basketball より:

      こんばんは。
      早速のコメントありがとうございます。

      2014-15シーズンのファイナルは印象的でしたね!