キャブスが5連勝でイースト2位浮上 ミッチェルとケビンラブがそれぞれ8スリー

 

黒星スタートとなった新生キャブスでしたが、その後4連勝と勢いに乗ると10月31日におこなわれたニックス戦にも121-108で勝利し5連勝でイースト2位浮上です。

キャブスでは、ドノバンミッチェルが38得点でスコアリーダーとなっています。

スリーポイントを8/13で沈めています。

 

 

また、ベンチからケビンラブもスリーポイントを8/13で沈め29得点を記録しました。

ディーンウェイドも6本スリーポイントを決めています。

 

 

敗れたニックスは、チームオフェンスでバランスよく得点を挙げましたが、スリーポイントで大きな差が出ました。

次ゲームは、キャブスがセルティックス、ニックスがホークスと対戦予定です。

コメント