ホークスがクラッチタイムの攻防制しヒートにシリーズ初勝利で1-2

 

ヒートの連勝でむかえたホークスとの第3戦。

第3クォーターでヒートがリードする展開となりましたが、カイルラウリーが負傷退場するとホークスが一気に追い上げ、クラッチタイムは1点を争う攻防となりました。

最後は、トレイヤングが連続で得点し、1点差でホークスが勝利しています。

 

 

 

ヒートはラウリーの退場後、明らかにリズムが狂い、怪我の度合いによってはシリーズも分からなくなりそうです。

コメント