ウォリアーズがキングスに勝利し4勝3敗の勝ち越し カリー30得点8アシスト

 

先日のゲームでキャリアハイを更新し、62得点を挙げチームを勝利に導いたステファンカリー。

1月5日におこなわれたキングス戦でも30得点を挙げ、137-101で勝利しています。

 

1Q 2Q 3Q 4Q T
SAC 20 28 27 31 106
GSW 37 31 32 37 137

 

ステファンカリーは、30得点に加えて9リバウンド8アシストも記録し、チーム最多となる+26の活躍でした。

 

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

 

ケリーウーブレJrが18得点で続き、スリーポイントも4/6と調子を上げてきています。

アンドリューウィギンスが16得点、エリックパスカルが14得点とバランスよく得点を重ね、ワイズマンも10得点5リバウンド2ブロックの活躍でした。

そしてチームの核になっているのが、ドレイモンドグリーンの存在で、5得点5リバウンド5アシスト2スティールで+13を記録しています。

 

 

敗れたキングスでは、ディアロンフォックスとハリソンバーンズが共に18得点を挙げています。

ウォリアーズとは対照的に、2ケタ得点を挙げた選手は3人でチームのFG確率も4割を切っています。

また誰かの父親がトレードを要求するかもしれません。

 

 

コメント