ブレイクグリフィンがネッツデビュー 初得点はダンク チームもウィザーズに勝利

 

ピストンズからネッツへ移籍した、ブレイクグリフィン。

3月22日におこなわれたウィザーズ戦でチームデビューし、初得点でダンクを叩き込みました。

 

1Q 2Q 3Q 4Q T
WAS 30 26 27 23 106
BKN 25 38 25 25 113

 

 

ネッツでは、カイリ―アービングが28得点でスコアリーダーとなっています。

 

 

ジェームズハーデンが26得点、ベンチからニコラクラクストンが16得点で続いています。

 

 

グリフィンは、約15分の出場で2得点2リバウンド1ブロックを記録しました。

ダンクシーンの後、ベンチではしゃぐデアンドレジョーダンの姿も印象的でした。

 

 

 

敗れたウィザーズでは、ラッセルウェストブルックが29得点13リバウンド13アシストでトリプルダブルを記録しています。

 

 

アレックスレンがシーズンハイの20得点、八村塁選手も20得点10リバウンドでダブルダブルを記録しています。

 

 

 

ブラッドリービールとラッセルウェストブルック2人でターンオーバーが14と、ネッツ全体の7の倍の数字でした。