1ON1で使えるかっこだけじゃないドリブルテクニック、レッグスルー

 

ドリブルテクニック レッグスルー

バスケットを始めて、少しボールに慣れてきてレイアップシュートで「置いてくる」を習得した頃ぐらいから意識し始める、レッグスルー。数年バスケをやっている人からすれば目をつぶっても出来るくらいその後幾度となく使うことになりますが、初めてレッグスルーをやりはじめて思うようにまたの間を通せた時はテンション上がりましたよね。。

この記事を読んでいるということはまだあまりバスケット暦が長くない方だと思われるので、レッグスルーの説明から。ドリブルを自分の足の間を通して左右の手を入れ替える技術で、ドライブする時に切り返しとしても、チェンジオブペーストしても、間を保つためにも使える、バスケットで最もポピュラーなドリブルテクニックで、NBAでも1試合で数え切れないくらい使用されています。

 

 

上の動画では、レッグスルーから抜きにかかるのは体重移動のバランスや、ボールハンドリングからもあまり効率的ではないので、クロスオーバーで抜きにかかる前の間や、トップスピードでドライブしてディフェンスの体重が後ろにかかっている時に立ち止まりジャンプシュートを打つための繋ぎとして使うのがとても有効なのが分かりますね。

ただ、これらのプレイをゲーム中に相手を見て実行するというのはとても難しいことです。NBAであってもディフェンスもトッププレイヤーばかりですし、日本のプレイヤーでトップリーグを含めても上に行けばいくほどその実力は均衡していきます。

それでもNBAをはじめとして高校や大学、トップリーグでも似たようなプレーを目にすることは多く、実際にはある程度ディフェンスの動きを予測してとられているプレーがほとんどです。そのプレー自体ももちろん凄いことですが・・・

ディフェンスを見て、相手の動きを予測してプレーするためにはそれだけの技術は最低限必要であって、ドリブルの反復練習から生まれることは間違いありません。初めはレッグスルーが出来る喜びを覚えて、次に見なくても出来るように、逆の手からも出来るように、内側だけじゃなく外側も出来るようにとステップアップしていき、ディフェンスをイメージしてドライブの練習やジャンプシュートの練習が出来るようになれば、おのずとその力は身についていくでしょう。

 

 

しかしかっこいいですね~。トップスピードからレッグスルーで止まってジャンプシュートを決めた後に、レッグスルーで間をつくってクロスオーバーでドライブが決まればもうディフェンスはどうやって守っていいのか分からなくなってしまいますね。

そのためにはやはり反復練習が最も効果的で、能力やセンスに差がでやすいスポーツですが、ディフェンスのように誰でもうまくなれるプレーの一つです。

先程書いたように徐々にステップアップして左右、内外側を見ずにつけるようになったら素晴らしいプレーへと繋がります。上手くなってくると多用したくなりがちですが、フロントチェンジで抜けるときにレッグスルーを使うのは全く無意味で、ただの「かっこつけ」になってしまうので、相手の動きをよく見て、予測をして、かっこいいドリブルテクニックで相手ディフェンスを突破しましょう!

 

毎週5試合生中継!NBA見るなら⇒WOWOW

 

 

twitter

1件のコメント

  • ありがとうございました!

1件のトラックバック

コメントを残す