【NBA】フィルジャクソン氏がニックス運営から退任

ニューヨーク自由の女神

 

クリスポールのロケッツ移籍のニュースが飛び交っていますが、6/29にはもう一つ大きなニュースがありました。

 

【NBA】クリスポールがクリッパーズからロケッツへ移籍
ドラフトも終わりトレードの話題で持ちきりのNBA2017-18シーズンオフ。今季もビッグネームの移籍について様々な情報が飛び交っています...

 

ニックス球団社長を務めるフィルジャクソン氏が運営部門を退くという報道です。

フィルジャクソンは、マイケルジョーダン率いるシカゴブルズで3ピートを2度達成した時のヘッドコーチであると同時に、シャック&コービー時代の3ピートを達成した時のヘッドコーチでもあります。

 

 

 

その後もレイカーズで2度チャンピオンリングを獲得しており、NBA史上ヘッドコーチとしては最多の11度チャンピオンリングを獲得しています。

しかし、ニックスの運営部門代表に就いてから3年間での成績は、80勝166敗と当時のファンからすると目を覆いたくなるもので、カーメロアンソニーを中心としたチームは、ポルジンギス、デリックローズ、ジョアキムノアを有しながらもプレイオフに一度も進出していません。

 

 

全てフィルジャクソンの責任だとは到底思えませんが、名選手=名監督ではないように、名監督=名運営でもないのかもしれません。

レイカーズのヘッドコーチ時代にポイントガードを務めたデリックフィッシャーをニックスのヘッドコーチに招き入れ、伝家の宝刀トライアングルオフェンスによる変革に期待したファンも多かったと思われますが、結果はついてこず、フィッシャー自体も2015-16シーズン途中で解雇されています。

今年で71歳となるフィルジャクソンを今後NBA関連で見ることはないと予想され、当時のファンからすると何とも言えない気持ちになりますが、このあたりでも当然のように世代交代が必要と言えるでしょう。

実際にWEB上では国内外問わず多くの批判も出ており、共に戦ったスコッティピッペンも退任すべきとコメントしていたようです。

あのブルズとレイカーズを世界中のファンに見せてくれたことを感謝しながら今回はこのあたりで。


夏までに腹筋をかっこよく鍛える
AUOPLUS
鍛える部位:おもに腹筋中央に位置する『腹直筋』と側部に位置する『腹斜筋』、さらに『上腕三頭筋』です。これを続けることにより、シックスパックと引き締まった二の腕に近づくことができる。また、背中を支える『広背筋』や『脊柱起立筋』も刺激されます。一輪タイプは腹筋だけでなく、腹斜筋などバランス良く鍛えられることが魅力。力を入れながら姿勢を保つトレーニングにも発展できるので、体幹をはじめとするバランス力の向上にも期待されています。
バーベルにもなるダンベル
Wout
無駄な流通網を通さず工場との直取引によって圧倒的なコストパフォーマンスを実現。安価でも品質を犠牲にすることなく「初心者の方が求めやすい価格で使い勝手の良いダンベルを皆様にお届けする」というコンセプトを掲げ有名スポーツブランドが使用する世界各国の生産工場にて製造。                     

NBA2017-18シーズンオフ
OverTime

コメント