アンソニーデイビスが怪我から復帰 レブロンの圧巻パフォーマンスでネッツに勝利

 

昨年の12月中盤から離脱していたレイカーズのアンソニーデイビス。

1月26日におこなわれたネッツ戦で復帰し、相変わらずの理不尽なアリウープを早々に披露しました。

 

 

圧巻だったのはレブロンジェームズで、33得点7リバウンド6アシスト3スティール2ブロックを記録しました。

特に終盤の連続スティールからのダンクコンテストは、まさにキングという他ないでしょう。

 

 

 

マリークモンクもベンチからスリーポイントを6/12で沈め、22得点を挙げています。

 

 

敗れたネッツでは、ジェームズハーデンが33得点12リバウンド11アシストでチームを引っ張りましたが、さすがに孤軍奮闘の印象は否めませんでした。

 

 

 

コメント