NBA2018プレイオフハイライト

NBAスラムダンクコンテスト2015、今年はどんなダンクが見られるか

いよいよ開幕した2015NBAオールスターですが、ダンクコンテストも毎年楽しみなイベントの一つです。

スリーポイントコンテストのメンバーが半端なさすぎて少し日の目を見ていませんが、毎年様々なアイデアで楽しませてくれるので今年も期待したいところです。

スリーポイントコンテストの出場メンバーはこちら。

とは言っても若干ネタ切れ感は否めないですし、出場する4人のメンバーは、スリーポイントコンテストのようにビッグネームは入っていません。

出場メンバーは以下の通りです。

今回出場するのはヤニス・アデトクンボ(ミルウォーキー・バックス)、ザック・ラビーン(ミネソタ・ティンバーウルブズ)、ビクター・オラディポ(マジック)、メイソン・プラムリー(ブルックリン・ネッツ)の4選手。全員初出場となる。

by NBA japan

NBAにある程度詳しい方でないと?!といったところかもしれませんが、1年目の選手が1人と2年目の選手が3人の出場となっています。

 

038

 

最近では団体戦のようなこともおこなわれていましたが、今回は通常のクラシック方式というスタイルに戻して争われます。

あれはイマイチだったんですかね・・・

 

 

インターナショナルプレイヤーとして初のチャンピオン獲得を目指すヤニス・アデトクンボは、シーズンや世界大会でもギリシャ代表として活躍するプレイヤーで、上の動画を見てもその身体能力からどんなダンクを見せてくれるのか期待が高まります。

また、唯一のルーキーながら優勝候補の筆頭に上がっているのがザック・ラビーンで、そのジャンプ力から様々なアイデアのダンクをぶちかましてきます。

 

 

ジャマールクロフォードもびっくりのダンクばかりですが、本番ではアドレナリンもプラスしてもっと凄いダンクが見れそうです。

NBAの長い歴史の中でダンクコンテストも様々な伝説を残していますが、皆さんの記憶にはどのように残っていますか?!

古いところからいくとジュリアスアービンやスパッドウェブ、マイケルジョーダン、セドリックセバロスにビンスカーターとこの辺りが王道でしょうか。

少し前だとドワイトハワードやネイトロビンソンのダンクも素晴らしかったです。

管理人はなんといってもビンスカーターのダンクに度肝を抜かれた記憶が強いです。

ド派手なダンクがなぜか美しく見えるのもカーターくらいでしょう。

 

 

2015オールスターダンクコンテストは2月15日におこなわれますが、上の動画のように素晴らしいダンクが見られることに期待しましょう。

毎週5試合生中継!NBA見るなら⇒WOWOW

 

[btn_l color=”green” corner=”r” url=”http://sneakerlove.biz/archives/category/%e3%83%90%e3%82%b9%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%ba”]NBA選手モデルの人気バッシュはこちら。[/btn_l]

 




2014-15シーズン
フォローする
バスケ教材ランキング
バスケットボール上達革命

Bリーグの前身であるBJリーグアカデミーで校長をつとめた東英樹先生の教材です。

90日間でバスケが上手くなれるプログラムで、サポートと返金保証もついています。

一人でもできるバスケットボール上達練習法

NBA解説者の中原雄氏の教材です。

ひとりでおこなえる練習内容で、ゴールがなくても練習できる内容も含まれています。

6か月のメールサポートに加えて練習上達のチェックリストでより効果的な練習を目指します。

福岡大大濠マッチアップゾーンディフェンスの極意

福岡大大濠高校の片峯聡太監督監修の教材です。

インターハイを制したマッチアップゾーンディフェンスの極意を惜しげもなく指導しています。

難しいと言われるマッチアップゾーンディフェンスをやさしくマンツーマンから指導してくれます。

人気記事



Basketball Dream

コメント