シクサーズvsペイサーズ サボニス26得点 セス・グリーン・ハワードもスタート出場

バスケットボールNBA

 

共にプレシーズンゲーム最終戦となる、シクサーズvsペイサーズ。

新シーズンに向けいい調整と感じるゲームとなりました。

シクサーズは、エンビードが欠場したためドワイトハワードがスタート出場し、新加入組のセスカリー、ダニーグリーンとシモンズ、ハリスというメンバーになりました。

ドワイトハワードがFG確率100%で14得点を挙げていますが、ダニーグリーンとセスカリーのスリーポイントは不調でした。

 

 

またベンシモンズも1本スリーポイントを放っています。

ベンチスタートのシェイクミルトン、コルクマズ、マイクスコットがアウトサイドシュートも好調でした。

 

 

一方のペイサーズは、ドマンタスサボニスが26得点を挙げスコアリーダーとなっています。

 

 

マルコムブログドンが21得点、ビクターオラディポが20得点で続いています。

 

 

オラディポとサボニスのピックアンドロールだけでも、相当数得点が見込めるような印象でした。