審判のジャッジに文句を言っている暇があったら次のプレイに移ろう。

バスケットにおける審判の重要性と難しさ

どんなスポーツにおいてもルールは必要不可欠であり、絶対的な存在ですが、バスケットボールに関してもルールは非常に重要で、しっかりとルールが守られなければ俗にいう面白くないバスケットになってしまいます。

そのルールをさばくのが審判ですが、どのスポーツでも誤審というものがあり、バスケットボールも例外ではありません。

特にファールの基準は審判ごとというか選手ひとりひとりでも認識が違う部分があり、これをこうしたらファールという明確なものがざっくばらんにはあるものの細かい基準は発表されておらず、大きな選手が空中でプレーするバスケットでは、ボールと手と体の接触全てを審判は見なくてはいけないので「見えない」といったことが多々あるのは事実ですね。

またコート上には5人の選手がいてどうしてもボールを中心に見るので死角になる部分はあり、審判は2人いますが全てを見るというのははっきりいって無理です。

世界最高リーグのNBAや世界大会では審判を3人配置していますが、それでも一試合で選手やベンチが審判にクレームをつけるシーンは何度も見ます。

バスケットではそれくらい「どちらともいえる」というプレーが多いのです。

 

 

バスケットの審判の資格

日本のバスケット協会の審判公式資格は日本公認、A級、AA級の三つのみで、公認審判が6500人ほど、A級審判が200人ほど、AA級が100人ほどと全国大会など余程上の大会に行かない限り資格をもった審判にふかれることはなく、地区大会や県大会でそれ以外のバッチをつけている審判は、未公認であり、県の公認や連盟の公認をもっている審判ということになります。

ここで言いたいのは資格を持っていない審判がどうのこうのということではなく、審判の資格をとるということはとても難しいことで、それは審判の資格をとるのが難しいのではなく、バスケットボールの試合を正確にふくことがとてもむずかしいということです。

 

 

もちろん誰が見てもファールやトラベリングといったのをふけないのは論外ですが、10人中3人がどちらともいえないというプレーは流されると思ってプレーしたほうがよりよい成績が残せるのは事実です。

ジャッジは覆らない

審判がファールといって覆ったことを見たことありますか?

私はありません。

ペネトレイトしていって接触して笛が鳴らなかったときにクレームをいってファールにしてもらったことはありますか?

自分がテクニカルファールをもらったことしか私はありません・・・

どれだけ文句を言ってもジャッジは覆らないのです。

そうであれば、切り替えて全力でディフェンスに戻ったり、もう一度次のプレーを頑張った方が勝利に近づけますし、個人的にもいいプレーが出来ますよね。

実際にオフェンスで攻めた時にファールをとってもらえず、審判に文句を言っている間に速攻で点を取られ、終わってみれば1点差で負けてたというゲームを何度も見ています。

オフェンスとディフェンスの切り替えが重要とされるバスケットですが、メンタル的にも切り替えがとても大切です。

 

 

ワンプレーでゲームを捨てることのないように

また、審判にクレームをつけるどころかその後もずっといらいらしたり怒っているプレイヤーもいますが本当にもったいないですね。

なにひとついいことがないと言い切れるくらいの行動で、プレーは荒っぽくなり正確さを欠きます。

NBAであれば早々に交代させるところかトレードの対象にもなるでしょう。

どのスポーツでもメンタルの部分はとても重要ですが、審判のジャッジに不満でゲームを捨てるというのはナンセンスだと思いませんか?

バスケットボールの神様マイケルジョーダンでもクレームはつけるので、本気でやればやるほど納得いかないことはあるのですが、戦っている相手を間違えるのではなく審判に文句をいっている暇があったら次のプレイに移り、自分の最大限のパフォーマンスでバスケットをより楽しみましょう。

 

twitter

1件のコメント

  • 匿名

    胸が痛いです

1件のトラックバック

コメントを残す