ブレイザーズが球団記録となる23本のスリーを沈めナゲッツに勝利

NBA2019-20シーズン

 

インサイド陣も復帰し、プレイオフ進出を目指すポートランドトレイルブレイザーズ。

8月7日には、ウェスト上位デンバーナゲッツと対戦しました。

 

 

 

共に激しいディフェンスの中、高い確率でシュートを沈めました。

 

ブレイザーズナゲッツ
FG確率43/92
46.7%
44/84
52.4%
3PT確率23/39
59.0%
14/28
50.0%
FT確率16/20
80.0%
13/17
26.5%

 

決めたフィールドゴールはナゲッツの方が多いですが、スリーポイントで9本の差がありました。

 

 

ブレイザーズでは、11本スリーポイントを沈めたダミアンリラードが45得点、7本スリーポイントを沈めたギャリートレントJrが27得点を記録しています。

 

 

218cmのボルボルをポスターした、ヌルキッチも22得点を挙げています。

 

 

敗れたナゲッツでは、このゲームでもマイケルポーターJrが27得点を挙げスコアリーダーとなっています。

6人の選手が2ケタ得点を挙げましたが、ヨキッチは8得点13アシストというスタッツでした。

ブレイザーズの順位争いに注目が集まります。

NBA順位表(公式サイト)