ウォリアーズvsウルブズ カリー40得点 NBA2019-20プレシーズンゲーム

バスケットボールNBA

 

プレシーズンゲーム2試合目となるゴールデンステイトウォリアーズ。

早くもスリーポイントを中心としたウォリアーズらしいバスケで大量得点により勝利しています。

ゲーム展開

 

大きく点差の離れたクォーターはないものの、全てのクォーターをウォリアーズがリードしました。

第3クォーター終了時点で111得点を挙げたウォリアーズが、結果的に143-123で勝利しています。

 

ステファンカリー

 

ステファンカリーが約25分の出場で40得点6アシストを記録しています。

スリーポイントを起点に、ドライブ、アシストと手のつけようがありません。

スリーポイント6/9を含むFG確率は73.7%とし、フリースローも与えられた6本全て沈めています。

デアンジェロラッセル

 

約25分の出場で、16得点5アシストを記録したデアンジェロラッセル。

フリースロー周辺のジャンパーが中心でした。

スリーポイントは2/8とそれほどよくありませんでしたが、今後確率も上がっていくでしょう。

 

ジョーダンプール

 

前ゲームに続き、好調だったルーキーのジョーダンプール。

約21分の出場で19得点3リバウンドを記録しています。

最後に

ウルブズは、シュート確率が上がらず苦しみましたが、ウォリアーズはスリーポイントを19/34の51.4%で沈めています。

カリーへの負担も気になるところですが、トンプソンが復帰するまではカリーとラッセル中心のスコアリングになりそうです。