FIBAワールドカップ2019 アルゼンチンがセルビア降し準決勝進出

この記事は約2分で読めます。

ワールドカップ

 

8国による決勝トーナメントが開幕したFIBA2019ワールドカップ。

ファーストゲームでは、アルゼンチンとセルビアが対戦しました。

 

ゲーム展開

Serbia vs Argentina – Full Game Highlights | FIBA World Cup 2019

 

1Q 2Q 3Q 4Q T
SRB 23 26 18 20 87
ARG 25 29 14 29 97

 

ヨーロッパ勢の上手さが詰め込まれたようなゲームは、アルゼンチンが若干リードする流れで終盤まで進みました。

セルビアも追いすがり、点差を詰めるシーンが何度もありましたが、中々逆転することが出来ず、終盤点差をつけたアルゼンチンが結果的に97-87で勝利しています。

 

個人スタッツ

勝利したアルゼンチンでは、元NBAのルイススコラが20得点を挙げスコアリーダーとなっています。

ファンクドカンパッソが18得点12アシストで続いています。

日本代表には、190cmのポイントガードが必要だという声を今大会中多く目にしましたが、カンパッソを見ていると言い訳にしか聞こえなくなってきます。

敗れたセルビアでは、好調続けるボクダンボクダノビッチが21得点を挙げスコアリーダーとなっています。

ネマニャビエリツァが18得点で続き、ニコラヨキッチが16得点10リバウンド5アシストとやはりNBA選手が中心でした。

 

Nikola Jokic 16 Pts 10 Reb Argentina vs Serbia FIBA WORLD CUP 2019

 

最後に

現役のNBA選手を擁し、優勝候補の一角でもあったセルビアを撃破したアルゼンチン。

バスケが上手いという言葉につきるのではないでしょうか。

ヨーロッパ特有のヌルっとした感覚に加えて、タフネス+正確なアウトサイドシュート。

あらためて世界のレベルを感じさせられるゲームとなりました。

アルゼンチンの準決勝の相手は、フランスとアメリカの勝者となり、どちらと対戦しても楽しめることは間違いないでしょう。

コメント