グリズリーズがウィザーズに快勝し後半戦白星スタート

 

オールスターウィークエンドもあけ、NBA2020-21シーズンの後半戦が始まりました。

オープニングゲームとなった、メンフィスグリズリーズとワシントンウィザーズの一戦は、終始グリズリーズがリードし127-112で勝利しています。

 

1Q 2Q 3Q 4Q T
WAS 26 36 23 27 112
MEM 35 32 27 33 127

 

 

グリズリーズでは、ヨナスバランチューナスが29得点20リバウンドの活躍でインサイドを支配しました。

オフェンスリバウンドも9本取っていて、セカンドチャンスにも大きな差が出ました。

ジャモラントが21得点10アシスト、スリーポイント好調だったデズモンドベインが20得点で続いています。

 

 

 

敗れたウィザーズでは、ブラッドリービールが21得点でスコアリーダーとなっています。

オールスター明けからか、FG確率は上がらず3割を切りました。

ラッセルウェストブルックが20得点10アシストで続き、八村塁選手も11得点6リバウンドを記録しています。

 

 

 

ウィザーズは、ディフェンスもよくなく、リバウンドでは60-39と大差をつけられました。

コメント