ケンバウォーカーが怪我から復帰も30点差でニックスに敗れる

 

膝の故障で、出場が遅れていたセルティックスのケンバウォーカーですが、1月18日におこなわれたニックス戦でシーズンデビューとなりました。

膝に痛みはなかったようで、約20分プレイしました。

 

 

シュート確率に苦しみましたが、このゲームではチーム全体でFG確率が3割を切る結果となり75得点しか挙げることが出来ませんでした。

 

1Q 2Q 3Q 4Q T
NYK 28 20 27 30 105
BOS 17 18 15 25 75

 

ニックスでは、ジュリアスランドルが20得点を挙げスコアリーダーとなっています。

RJバレットが19得点で続いています。

 

 

敗れたセルティックスでは、ジェイソンテイタムが欠場の中、ジェイレンブラウンが25得点でチームを牽引しました。

マーカススマートが10得点で続きますが、2ケタ得点は2人だけでした。

コメント