FIBA2019ワールドカップ 日本代表初戦トルコに敗れる

この記事は約2分で読めます。

日本

 

日本が歴史を変える大会、FIBA2019ワールドカップ。

日本代表は、1次予選リーグの初戦でトルコと対戦しました。

ゲーム展開

Turkey vs Japan – Full Game Highlights | FIBA World Cup 2019

 

1Q 2Q 3Q 4Q T
TUR 28 19 20 19 86
JPN 12 23 14 18 67

 

序盤からリードを許した日本代表。

その点差を最後まで詰めることが出来ず、結果的に86-67でトルコが勝利しています。

なんとか点差が1ケタになればと、ゲーム中多くのファンが感じていたと思われますが、追い上げムードのところで容赦なくスリーポイントを幾度となく沈められました。

日本のオフェンスが、しっかりと研究されていたような印象は否めず、期待の八村塁選手には徹底したマークで仕事をさせてもらえませんでした。

 

個人スタッツ

日本では、ファジーカス選手と八村選手が15得点を挙げスコアリーダーとなっています。

渡邊選手と田中大貴選手が、11得点で続いています。

大会前の強化試合では、高確率でシュートを決め続けた日本でしたが、このゲームではFG確率38.5%にとどまっています。

トルコでは、バックスでプレイするイリヤソベが、5本のスリーポイントを含む19得点でスコアリーダーとなっています。

序盤の活躍は、日本にとって厳しいものでした。

キャブスでプレイする、オスマンもドライブなどで有効に得点を重ねています。

ガードのメリマフマトルの活躍も想像以上のものでした。

 

最後に

世界との壁をやや感じたようなゲームになってしまいましたが、大会はまだ始まったばかりで1次予選も残り2試合あります。

結果に応じて、2次予選、17-32位決定リーグに進むことになりますが、日本のいいカタチが少しでも見られるよう期待しましょう。

次戦は、9/3の17:30からチェコ戦がおこなわれます。

テレビ放送は、トルコ戦と同じBSフジです。

コメント