ESPNがNBA2020-21シーズンのパワーランキングを発表

バスケットボールNBA

 

先日ファイナルを終えたばかりのNBA。

新型コロナウィルスの影響でドラフトやトレード時期がずれ込みますが、現時点で(ドラフト・トレード前)の来季のパワーランキングをESPNが発表しました。

 

 

レイカーズは誰もが納得のところでしょうが、ヒートが9位しかもイーストでも4位とは様々な意見が飛びそうです。

 

1レイカーズ2クリッパーズ
3バックス4ナゲッツ
5マブス6ウォリアーズ
7セルティックス8シクサーズ
9ヒート10ネッツ
11ラプターズ12ロケッツ
13ジャズ14ブレイザーズ
15サンダー16ペイサーズ
17ペリカンズ18グリズリーズ
19サンズ20マジック
21ウィザーズ22スパーズ
22キングス24ホークス
25ウルブズ26ブルズ
27ホーネッツ28ピストンズ
29キャブス30ニックス

 

まだトレードもドラフトもおこなわれていないので、あまり参考にならないかもしれませんが、下5つがイーストのチームというのも気になります。

追記

ドラフト、トレードを終えトレーニングキャンプ中にランキングが更新されました。

 

 

1レイカーズ2バックス
3ネッツ4クリッパーズ
5ヒート6マブス
7ナゲッツ8セルティックス
9シクサーズ10ラプターズ
11ブレイザーズ12ジャズ
13ウォリアーズ14サンズ
15ロケッツ16ペリカンズ
17ペイサーズ18グリズリーズ
19ウィザーズ20ホークス
21スパーズ22マジック
22ウルブズ24ブルズ
25ホーネッツ26キングス
27ピストンズ28ニックス
29キャブス30サンダー

 

レイカーズのトップは変わらず、バックス、ネッツが追従する形となりました。

補強に成功したと思われる、シクサーズ、ホークス、ブレイザーズは思ったより順位は上がっていません。

ハーデン問題に揺れるロケッツは順位を大幅に落とし、メンバーを大量に放出したサンダーが最下位になっています。