ユーロバスケット2022 ポーランドがスロベニアに勝利 ドンチッチも準々決勝で敗退

 

終盤に差し掛かるユーロバスケット2022。

9月15日に準々決勝残り2試合が行われました。

ルカドンチッチ率いるスロベニアは、ポーランドと対戦し一時21点ビハインドから追いつきましたが87-90で競り負けました。

ルカドンチッチは、手足を負傷していて満身創痍の状態だったと伝えられていますが、14得点にとどまりテクニカルファールを含む5ファウルで退場となっています。

ポーランドでは、イタリアセリエAで活躍するマテウスポニトカが26得点16リバウンド10アシストでトリプルダブルを記録し、チームを勝利に導きました。

 

 

自国ポーランドに加え、現在のイタリア、トルコ、ロシアのプロリーグでプレイした経験のある29歳です。

 

 

フランスとイタリアの準々決勝は、オーバータイムまでもつれ込む接戦となりましたが、93-85でフランスが競り勝ち準決勝進出を決めました。

 

 

準決勝は、ドイツvsスペイン、ポーランドvsフランスのカードで、現地時間の16日におこなわれる予定です。

コメント