NBA2019-20シーズンは誰のユニフォームが売れる?!

スポンサーリンク
この記事は約5分で読めます。

NBA ジャージ

 

ビッグネームの移籍が相次いだ、NBA2019-20シーズンオフ。

新たなユニフォームに袖を通す姿が、既にイメージ画で出回っていますが、ファンチームやファン選手の新たなユニフォーム購入を検討している方も少なくないでしょう。

昨シーズンの売れ筋ランキングと一緒に、今シーズン人気が出そうなユニフォームを見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

2018-19売れ筋ランキング

  1. レブロン ジェームズ(レイカーズ)
  2. ステファン カリー(ウォリアーズ)
  3. ヤニス アデトクンポ(バックス)
  4. カイリ― アービング(セルティックス)
  5. ジョエル エンビード(シクサーズ)
  6. ジェームズ ハーデン(ロケッツ)
  7. ラッセル ウェストブルック(サンダー)
  8. ケビン デュラント(ウォリアーズ)
  9. ベン シモンズ(シクサーズ)
  10. ジミー バトラー(シクサーズ)
  11. ドウェイン ウェイド(ヒート)
  12. ポール ジョージ(サンダー)
  13. ルカ ドンチッチ(マブス)
  14. ダミアン リラード(トレイルブレイザーズ)
  15. ジェイソン テイタム(セルティックス)

レブロンジェームズが、レイカーズ1年目ということもあり堂々の1位を獲得しました。

ステファンカリーは、ウォリアーズ一筋10年ですが未だに売れ続けているのは流石という他ないでしょう。

意外と偽物も横行している現状で、王手通販サイトではアマゾンよりも楽天の方が品揃えがいいです。

それでも本物は金額もそれなりなので、この1枚と思いがこもるのも頷けます。

移籍のあった人気選手

先ほど挙げた上位15位の選手の中で、移籍のあった選手が5選手います。

また、ドウェインウェイドは、2018-19シーズンをもって引退を表明しました。

選手 2018-19 2019-20
カイリ―アービング セルティックス ネッツ
ウェストブルック サンダー ロケッツ
KD ウォリアーズ ネッツ
バトラー シクサーズ ヒート
ポールジョージ サンダー クリッパーズ

新たなユニフォームを求めて、自然と売上も上がるでしょう。

 

スポンサーリンク

2019-20人気が出そうなのは?!

八村塁

 

日本人ならとりあえず持っておきたい1枚です。

どこまでいくのか、世界中から注目が集まります。

カウイレード

 

昨シーズンのファイナルで、その人気が再燃したレナード。

クリッパーズへ移籍し、ユニフォーム姿の印象も一新しました。

ポールジョージも同じように売れ行きが上がりそうです。

カイリー&KD

 

KDは背番号が、7に変わりカイリーは11のままです。

黒をベースとしたネッツのユニフォーム自体がかっこいいため、チーム成績によりさらに人気が高まるでしょう。

KD不在時の下馬評は低いですが、どこまでチーム成績を上げられるかがポイントかもしれません。

アンソニーデイビス

 

レイカーズへ移籍したアンソニーデイビス。

レブロンジェームズから、23番を譲り受けるという話でしたが期限的な問題により、ナイキの在庫が大量にあるためNGとなったようです。

新たな番号は、3番に決まりリーグ屈指のPFがキングを中心としたリング獲得も狙えるチームの中でどのように躍動するのか楽しみです。

ラッセルウェストブルック

 

10年以上サンダーに在籍した、ラッセルウェストブルック。

新チームの移籍に加えて、ハーデンのいるロケッツというのも人気を呼びそうです。

最後に

レプリカジャージについて見てきましたが、レブロン、カリー、ヤニスの3選手は言うまでもなく安定した人気を見せるでしょう。

移籍が多かったため、新ユニフォームはやはり売り上げが上がりそうですが、チーム成績や個人成績も如実に数字に表れるため、どこが勝つか、誰が活躍するか、というのがやはり大きなポイントでしょう。

 

コメント