カーメロアンソニーがプレシーズン初戦からオンファイア

バスケットボールNBA

 

コビントン、カンターの補強にも成功し、ロドニーフッドも怪我から復帰するブレイザーズ。

昨シーズン終盤から本来の調子を取り戻したカーメロアンソニーがプレシーズンゲーム初戦から好調な姿を見せています。

 

 

ベンチスタートながら、約23分の出場で21得点を挙げました。

スリーポイント3/3を含むFG確率は6割を超え、相変わらずの美しいフォームから放たれるシュートに見入ってしまったファンも多いでしょう。

ハリージャイルズ3世、ギャリートレントJrが18得点で続き、若い選手の活躍も目立ちました。

 

 

リラード、マッカラムも変わらない活躍を見せています。

キングスは、ボクダノビッチを放出していますがバディヒールドとハリソンバーンズを主にスコアリングしていく印象です。

ゲームの方は127-102でブレイザーズが快勝しています。