NBAスリーポイントランキング

レイカーズとナゲッツ間でトレード トーマスブライアントがナゲッツへ

 

トレードデッドラインを前に大きく動きを見せるレイカーズ。

インサイドで活躍する、トーマスブライアントを放出し、ナゲッツからダヴォンリードと2巡目指名権×3を獲得しました。

アンソニーデイビスへの負担を考えると、インサイドプレイヤーは残しておきたいといったファンの声も多かったですが、ナゲッツは逆にヨキッチのひかえやサポート役としていい補強になったと思われます。

八村塁選手の古巣選手との再会はウェストブルックを含め、本当に短いものとなってしまいました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました