【バスケ】PF パワーフォワードの選手記事一覧

パワーフォワード

 

クリスチャンレイトナー

シャック&モーニングをおさえてドリームチーム1に入ったCレイトナー

  クリスチャン・レイトナー 今や伝説ともなっているバルセロナオリンピックで初めてNBAの現役選手たちで構成されたアメリカ代表、ドリームチーム1。 その中で背番号4を背負い1つだけ用意された大学選手からの枠で選 […]

1件のコメント

ショーンケンプ

ショーンケンプ:バッシュカミカゼも人気の超攻撃型パワーフォワード

ショーンケンプ 今でもリーボックからカミカゼというバッシュが復刻されるほど日本でもなじみの深いショーンケンプ。 キャリアでのベストと言われるのが1996年にマイケルジョーダン率いるブルズと戦ったファイナルなので、若い方は […]

コメントなし

クリスウェバー

力強くも華麗なプレーが魅力だったクリスウェバー

  クリスウェバー 管理人個人的には大ファンであるクリスウェバーですが、その類稀な体格とセンス、シュート力は、NBAで存分に力を発揮することなくコートを去ったNBAで「よくある」選手の1人です。

コメントなし

ド派手なダンクでファンを魅了するブレイクグリフィン

  ブレイクグリフィン ド派手なダンクでファンを魅了するブレイクグリフィンですが、これほどダンクのイメージが強いプレイヤーはNBAの中でもそうはいません。管理人が思いつくところだとビンスカーターぐらいですかね! […]

コメントなし

ベンウォレス

ディフェンスでチームを支えた遅咲きのセンター、ベンウォレス

  ベンウォレス トレードマークとも言えるボンバーヘッドで名を思い出す方も少なくない、ベンウォレスですが、NBAの中では異例の道を歩みスパースターへの階段を登りつめた数少ないプレイヤーの1人です。 まず大きなポ […]

コメントなし

クリスボッシュ

王者ヒートのビッグ3、インサイドを支えたクリスボッシュ

  クリスボッシュ 2012.13と連覇を果たしたマイアミヒートのビッグ3としてレブロン、ウェイドと共にチームを支えたクリスボッシュ。 NBAのインサイドプレイヤーにしては細いともいえる出で立ちながらその持ち前 […]

コメントなし

競り合うバスケットの選手

初心者でも分かる!バスケのポジションと役割

  Bリーグ(日本のプロバスケットボールリーグ)も開幕し、バスケットボール未経験者の方も様々なメディアでバスケットの話題を目にするようになりました。 また、動画配信サイトなどの出現によりNBA(アメリカのプロバ […]

コメントなし

理想的なパワーフォワードの1人、カルロスブーザー

  カルロス・ブーザー 2014-15シーズンから新たにロサンゼルスレイカーズでプレーすることとなったカルロスブーザーは、2002年のNBAドラフト2巡目全体35位でクリーブランドキャバリアーズへ入団しました。 […]

コメントなし

チームのリング下をディフェンスで支えるブロック王サージ・イバカ

サージ・イバイカ サージイバカは、コンゴ共和国の首都ブラザウィル出身で、スペインのプロバスケットリーグでプレーした経歴を持ち、2009-10シーズンよりNBAオクラホマシティサンダーでプレーしています。 ポジションは限り […]

コメントなし

カールマローン

正確にボールをゴールへ運ぶ配達人メールマンことカールマローン

  カールマローン メールマンの愛称で日本にも多くのファンを持つカールマローンですが、理想的なパワーフォワードといえるプレーが印象的でした。 206cmとNBAの中ではけして大きいほうではありませんが、その代わ […]

コメントなし

ケビンガーネット

恵まれた身体と身体能力を武器にタイトルを総なめにしたKG、Kガーネット

  ケビン・ガーネット KGの愛称で親しまれ、日本でもファンの多いケビンガーネット。40歳までNBAでプレーし最後までその存在感がコート上で薄れることはありませんでした。 そんなガーネットがNBA入りしたのは1 […]

コメントなし

ラトビアの国旗

クリスタプス・ポルジンギス:ニックスを支える若きnewセンター

  クリスタス・ポルジンギスは、ラトビア出身のバスケット選手です。 ラトビアのバスケットと言うと余程のコアなファンの方しか見たことがないかもしれません。 国の中でもバスケットはとても盛んなスポーツで、NBAまで […]

コメントなし

走って飛べるパワーフォワード、ケネスファリード

ケネス・ファリード FIBAバスケットボール・ワールドカップ2014でアメリカのインサイドを支え続けたケネスファリード。 Bチームとも言われた今大会のアメリカ代表を平均得点差33点の圧倒的な優勝に導いた選手の一人です。 […]

コメントなし

リバウンド・パスアウトに優れたインサイドプレイヤー、ケビンラブ

ケビン・ラブ 高校・大学時代から輝かしい成績を残していたケビンラブは、大学で1年だけプレーした後、NBAにアーリーエントリーし、1巡目全体5位でグリズリーズに入団しますが、直後のトレードにより現在も所属するミネソタティン […]

コメントなし

アンドリューバイナム

怪我に悩まされ続けたモンスターセンター、アンドリューバイナム

  アンドリュー・バイナム 当時歴代最年少の若さでNBAのコートにたったアンドリューバイナムは、高校卒業と同時にNBAのドラフトによりロサンゼルスレーカーズに10位指名されNBA入りを果たした選手です。

2 comments

アマレースタウドマイヤー

力強いインサイドプレーが魅力のアマレー・スタウドマイヤー

  アマレー スタウドマイヤー 力強いインサイドプレーに加えて、パワーフォワードらしからぬスピード、器用さを兼ね備えるスタウドマイヤーは、NBAを代表したインサイドプレイヤーといっても過言ではないでしょう。 フ […]

コメントなし

チャールズバークレー

チャールズバークレー:空飛ぶ冷蔵庫の呼び名は「ダテ」じゃない

  チャールズバークレー 空飛ぶ冷蔵庫の呼び名を持つ元NBAのスーパースター、チャールズバークレー。 バスケをやっている人でも変なネーミングだと感じるかもしれませんが、プレーを見ればなんとなく納得してしまいます […]

コメントなし

ケビンガーネットが引退を表明 Thankyou”KG”

Bリーグ開幕でバスケットボールの話題を多くのメディアでも見るようになった今日この頃。 NBAではまた一人トッププレイヤーの引退が発表されました。 ミネソタティンバーウルブズに所属するケビンガーネットが21年のNBAキャリ […]

コメントなし

ティムダンカン

基本に忠実なプレーでタイトルを積み重ねたティムダンカン

  ティムダンカン NBAの中でルーキーイヤーから15年以上もの間トッププレイヤーとして1つのチーム(サンアントニオスパーズ)で活躍し続けたティムダンカン。 チャンピオンリングの獲得やチーム内での問題など様々な […]

コメントなし

気迫溢れるプレーで最優秀ディフェンス賞も受賞したジョアキムノア

ジョアキム・ノア NBA2013-14シーズンに最優秀ディフェンス賞を獲得したジョアキムノアは2007年にドラフト1巡目全体9位でシカゴブルズに指名され、7年シカゴブルズでプレーし6度チームをプレーオフに導いています。 […]

コメントなし

鍵でブロックする

3年連続ブロック王に輝いた「勉族」マーカスキャンビー

  勉族という大きなタトゥーを右腕に入れていたことから日本人ファンもとても多かったマーカスキャンビー。 当時テレビを見ながらどういう意味?!と思ったNBAファンの方も少なくないと思いますが、勤勉の勉と家族の族を […]

コメントなし

デニスロッドマン

ディフェンスにも長けた問題児のリバウンド王、デニスロッドマン

  デニスロッドマン NBAで最高のリバウンダーはと聞かれると未だにロッドマン以外の選手が思い浮かばないほど強力なリバウンドでファンを魅了したデニスロッドマン。 そもそもバスケットのプレーの中でリバウンドという […]

2 comments

複数ポジションをこなすスパーズのユーティリティープレイヤー、ディアウ

  ボリス・ディアウ 今年(2014)のプレーオフで大きな注目を集めている選手の一人であるボリスディアウは、現在のチームメイトであるトーニーパーカーと同じフランス国籍の選手で、203cmという身長ながらインサイ […]

コメントなし

NBAセンターの新時代を築くアンソニーデイビス

アンソニー・デイビス マイケルジョーダンの最初の引退辺りからアキームオラジュワンを中心にしばらく続いたNBAでのセンタープレイヤー全盛期もシャキールオニールの引退と共に影を潜めていましたが、これまでのNBAセンターとは違 […]

コメントなし