NBA選手

ガード

NBAのキング、レブロンジェームズ

現在、NBAの中で最も人気があり世界的に有名な選手といえば、レブロンジェームズと言っても過言ではないほど、人気と実力に長けたバスケット界の世界的...
ガード

ディフェンスにも長けたニューエース、ジミー・バトラー

USA代表やNBAオールスターゲームにも出場経験のあるジミーバトラー。 レブロンジェームズやステファンカリーのようなド派手な印象は少ないで...
ガード

スピードとテクニックでファンを魅了するPGジョンウォール

名門ケンタッキー大学から2010年NBAドラフト1位指名でワシントンウィザーズに入団したジョンウォールは、身長193cmのポイントガードです。...
センター

スペインをバスケ強豪国に押し上げたパウガソール

NBAのみならずヨーロッパーリーグでも多数プレーする有能なスペイン出身プレイヤーの代表格とも言えるパウガソール。 ガソールがNBAで残した...
ガード

NBA記録を持つ3ポイントシューター:カイルコーバー

NBAの連続ゲーム3ポイントの記録を持つカイルコーバーは、レブロンやカーメロといったいわゆるゴールデンジェネーレーションと同時期のドラフトでNB...
センター

NBAセンターの新時代を築くアンソニーデイビス

マイケルジョーダンの最初の引退辺りからアキームオラジュワンを中心にしばらく続いたNBAでのセンタープレイヤー全盛期もシャキールオニールの引退と共...
ガード

王者スパーズを苦しめたマブスのPG、Mエリス

NBA2013-14のプレーオフ、ファイナルで圧倒的な強さを見せチャンピオンリングを獲得したサンアントニオスパーズ。 結果的に見るとその王者スパーズを最も...
ガード

攻撃的な理想のポイントガード、チャンシービラップス

バスケットの中でポイントガードというポジションが特別なものであると感じている方は少なくありません。 NBAの中でも代表的なポイントガードと...
ガード

身長差を熱いプレーでカバーするネイトロビンソン

175cmという身長ながらNBAで11シーズンプレーしたネイトロビンソン。 実際のところは分かりませんが、見た目ではおそらくもう少し低い身...
ガード

レイジョンロンド:チャンピオンリングをもつアシスト王

2018-19シーズンオフにレブロンジェームズがレイカーズへ移籍したことで話題を呼びましたが、同時期にレイジョンロンドもペリカンズからレイカーズ...
ガード

大怪我から復帰を果たしたスリーポイントシューター、ポールジョージ

インディアナペイサーズでは絶対エースとしてチームを引っ張ったポールジョージ。 身長203cmとセカンドガードとしては若干大きめのサイズなが...
フォワード

22歳でファイナルMVPを獲得したカウイ・レナード

2013-14NBAファイナルでMVPに輝いたカウイレナードは、当時若干22歳NBA3年目のプレイヤーでした。 2011年ドラフト15位でNB...
ガード

ステップバックの代名詞MVP ジェームスハーデン

バスケット選手とは思えないほどの髭をたくわえ、国際化されたNBAで思わずそちら側の国の方にも見えてしまうジェームスハーデン。 ...
ガード

次世代NBAナンバー1PGの呼び声高いカイリーアービング

次世代No.1ポイントガードの呼び声高いカイリ―アービング。 そのキャリアは華々しく、日本でもファンがとても多い選手の1人です。 201...
ガード

デリックローズ:誰もが完全復帰を望む爆発的ポイントガード

マイケルジョーダンの2度目の引退後、低迷していたシカゴブルズを一気に強豪チームへと押し上げたデリックローズ。 191cmとNBAの中では小...
フォワード

多くの移籍を経験した悪童マットバーンズ

マッドバーンズは、10度以上のの移籍を経験しながらも引退したシーズンにチャンピオンリングを獲得したNBAの中でも珍しいタイプの選手です。 プレ...
フォワード

ダンカーからスコアラーへと進化するブレイクグリフィン

ブレイクグリフィンはド派手なダンクの印象が強い選手でしたが、昨今はスコアラーのイメージもとても強いです。 日々進化するグリフィンのキャリアやプレー...
ガード

独自のキャラでひた走るランススティーブンソン

2013-2014シーズンでは日本でも一躍有名になったランススティーブンソン。 ドラフトは2順目40位と学生時代に大注目を集めていたわけで...
ガード

学生時代から注目度の高かったキングスの若きPGディアロンフォックス

独特のヘアスタイルも人気のポイントガード、ディアロンフォックス。 低迷続くサクラメントキングス再建のキーとなる選手です。 NBA入団...
ガード

シカゴブルズのニューエース ハイフライヤー ザックラビーン

NBAの中でダンクの代名詞といえば様々な名前が挙がると思われますが、ここ数年で言えばザックラビーンの右に出る選手はいないでしょう。 201...
スポンサーリンク