NBA選手

ガード

CJマッカラム:ブレイザーズのシャープシューター

強豪ひしめくウェスタンカンファレンスで年連続プレイオフに進出しているブレイザーズ。 ダミアンリラードと共にバックコートを支えるのがCJマッ...
フォワード

マービンバーグリーⅢ:キングスの若きポストスコアラー

インサイドプレイヤーもアウトサイドシュートが必須となっている昨今のNBA。 それでも力強くもしなやかなインサイドプレーはファンを魅了してや...
ガード

コリンセクストン:キャブスの背番号2を背負うポイントガード

2016年にチャンピオンリングを獲得したクリーブランドキャバリアーズ。 カイリーアービン、レブロンジェームズが移籍し一時代にも幕を閉じまし...
フォワード

カイルクーズマ:レイカーズの若きスコアラー

レブロンジェームズの加入によりチームが一変した新生レイカーズ。 その中で更なる飛躍を見せるフォワードポジションのスコアラー、カイルクーズマ...
ガード

バディヒールド:バハマ出身のスリーポイントシューター

スリーポイント全盛ともいえるNBA。 バハマ出身のバディヒールドもアウトサイドシュートを得意とする選手です。 学生時代からのキャリア...
ガード

カナダ出身のスリーポイントシューター、ジャマールマレー

2018-19シーズン、ウェスタンカンファレンスで躍進を続けるナゲッツ。 ヨキッチやハリスと共にその原動力となっているジャマールマレーのキ...
ガード

レイカーズの若きポイントガード、ロンゾボール

入団間もない若い選手の活躍も目立つNBA。 レイカーズに所属するロンゾボールもその1人で伝統あるレイカーズのポイントガードとしてチームを支...
ガード

ディフェンスにも長けたNBA屈指のPG ゲイリーペイトン

NBAの中でこれまでに有能なポイントガードは数多く、アイザイアトーマスやジョンストックトン、ジェイソンキッド、スティーブナッシュ、チャンシービラ...
センター

セルビア出身のハイブリッドセンター、ニコラヨキッチ

アメリカ国籍以外の選手も多く活躍するNBA。 ニコラヨキッチもその中の1人で、のセルビア出身選手です。 セルビアやスロベニア、クロアチアなど...
ガード

クロスオーバーの代名詞 ティムハーダウェイ

バスケットのガードプレイヤーにとって必須と言えるドリブルテクニック。 その中でも最もポピュラーで、ゲーム中にも使用されることが多いクロスオ...
ガード

マイアミヒートのレジェンド:ドウェインウェイド

ルーキー時代から10年以上変わらずにマイアミヒートでプレーしたドウェインウェイドは、これまでに4度のファイナル進出を果たし、3つのチャンピオンリ...
ガード

175cmの身長で平均20得点以上挙げるPGアイザイアトーマス

NBAの選手でアイザイアトーマスというと、ピストンズに在籍したレジェンドPGをイメージする方も多いと思われます。 現役でセルティックス時代...
ガード

マシューデラベドバ:タイトなディフェンスがウリのオーストラリア代表

NBAのグローバル化は年々進み様々な国の選手がNBAでプレーしています。 マシューデラベドバもそのうちの1人で、オーストラリア国籍のプレイ...
ガード

ディフェンスにも長けた左利きのPG、マイクコンリー

攻撃的なポイントガードが目立つ昨今のNBAですが、マイクコンリーもその中の1人に数えられるプレイヤーです。 そのプレーは名だたるガード陣と...
ガード

NBAのキング、レブロンジェームズ

現在、NBAの中で最も人気があり世界的に有名な選手といえば、レブロンジェームズと言っても過言ではないほど、人気と実力に長けたバスケット界の世界的...
ガード

ディフェンスにも長けたニューエース、ジミー・バトラー

USA代表やNBAオールスターゲームにも出場経験のあるジミーバトラー。 レブロンジェームズやステファンカリーのようなド派手な印象は少ないで...
ガード

スピードとテクニックでファンを魅了するPGジョンウォール

名門ケンタッキー大学から2010年NBAドラフト1位指名でワシントンウィザーズに入団したジョンウォールは、身長193cmのポイントガードです。...
センター

スペインをバスケ強豪国に押し上げたパウガソール

NBAのみならずヨーロッパーリーグでも多数プレーする有能なスペイン出身プレイヤーの代表格とも言えるパウガソール。 ガソールがNBAで残した...
ガード

NBA記録を持つ3ポイントシューター:カイルコーバー

NBAの連続ゲーム3ポイントの記録を持つカイルコーバーは、レブロンやカーメロといったいわゆるゴールデンジェネーレーションと同時期のドラフトでNB...
センター

NBAセンターの新時代を築くアンソニーデイビス

マイケルジョーダンの最初の引退辺りからアキームオラジュワンを中心にしばらく続いたNBAでのセンタープレイヤー全盛期もシャキールオニールの引退と共...
スポンサーリンク