NBA選手

キャリアハイ

【NBA】グラントヒルのキャリアハイ46得点

ジョーダンの後継者と称されながらも全盛期の大半を怪我に泣かされたグラントヒル。 それでも当時からその華麗なプレーに魅了されたファンは日本で...
キャリアハイ

【NBA】ドウェインウェイドのキャリアハイ55得点

引退間際とも噂され、その去就に注目が集まるドウェインウェイド。 チャンピオンリングからはしばらく遠ざかっていますが、今でも時折見せるウェイ...
ガード

バスケット界の世界的スーパースター コービーブライアント

日本だけでなく世界的中から愛されるバスケット界のスーパースター、コービーブライアント。 惜しまれながらも2015-16シーズンを最後にコー...
NBA選手

スリーポイントシュートに長けたNBA選手まとめ

近代バスケにおいてスリーポイントの重要性は誰もが知るところで、インサイドプレイヤーであっても迷いなく放つ選手が日本でもとても増えてきました。 ...
ガード

ノールックパスを世界中に広めたアービン”マジック”ジョンソン

1980年代以降にNBAでプレーした選手の中で、最も有名な選手の1人にも挙げられるマジックジョンソン。 本名はアービンジョンソンで、マジッ...
フォワード

ウォリアーズのデビットウェストが引退 こんないい終わり方も珍しい

先日スパーズのマヌジノビリが引退を表明しましたが、ウォリアーズの連覇にベンチメンバーながら貢献したデビットウェストも2017-18シーズン限りで...
フォワード

ルーキーイヤーから安定した活躍を見せるジェイソンテイタム

高校時代から全米の中でもオールラウンドプレイヤーとして名高かったジェイソンテイタム。 大学はデューク大学へと進み、1年間プレーした後アーリ...
ガード

ルーキーイヤーからダンクコンテストを制したドノバンミッチェル

若手選手の活躍が目覚ましいNBAですが、ユタジャズに所属するドノバンミッチェルもその1人です。
ガード

試合中でも360ダンクをかますビクターオラディポ

インディアナペイサーズに所属するビクターオラディポ。 193cmというNBAの中では小柄な身長ながら試合中でもフリーの速攻であれば360ダ...
ガード

デビンブッカー:1試合70得点も記録した3ptチャンピオン

アメリカ以外の若手選手も多く活躍する昨今のNBAですが、デビンブッカーはアメリカミシガン州出身の選手です。 ミシシッピ州の高校からケンタッ...
フォワード

長いリーチでダイナミックなプレーを見せるヤニスアデトクンポ

アメリカ以外の多くの国の選手が活躍を見せる昨今のNBAですが、ヤニスアデトクンポもその一人で、ギリシャ出身の選手です。 17歳でギリシャの...
ガード

驚異の勝負強さ(クラッチ力)をもつダミアンリラード

クラッチシューターという言葉をバスケットの中でよく耳にするようになりました。 ゲームの行方を左右する局面(クラッチタイム)において勝負強さ...
ガード

ベンシモンズ:オーストラリア出身の次世代ポイントガード

NBA入団間もない若い選手の活躍が目立つこの頃ですが、2017-18シーズンではベンシモンズの存在が一際目立っています。 オーストラリア出...
センター

カールアンソニータウンズ:新人王も獲得したハイブリッドセンター

カールアンソニータウンズはニュージャージー州出身のセンタープレイヤーです。 ドミニカ共和国の母親を持つため国籍はドミニカ共和国となっていま...
センター

ジョエルエンビード:次世代No.1センター

カメルーン出身のセンタープレイヤー、ジョエルエンビード。 カンザス大学で1年間プレーした後、アーリーエントリーでNBAにドラフトにより入団...
キャリアハイ

ビンスカーターのキャリアハイ51得点

40歳を超えても現役でプレーするビンスカーター。 ダンクの印象がとても強い選手ですが、スコアラーでもあり30歳あたりまでは常にシーズン平均...
キャリアハイ

トレイシーマグレディーのキャリアハイ62得点

NBAの中でもオーバーサイズのユニフォームが一際似合ったトレイシーマグレディー。 長い手足に加えて、身体能力とセンスも兼ね備えたプレーに日...
キャリアハイ

アレンアイバーソンのキャリアハイ60得点

183cmという身長ながらNBAで4度の得点王を獲得しているアレンアイバーソン。 明らかにそのプレーは異質と言え、あれだけビッグマンが揃う...
キャリアハイ

シャキールオニールのキャリアハイ61得点23リバウンド

NBAの歴史を変えたセンターとも言われるシャキールオニール。 その存在感は誰もが認めるところで、リング下でボールを持たれたら正直止めようが...
センター

3年連続ブロック王に輝いた「勉族」マーカスキャンビー

勉族という大きなタトゥーを右腕に入れていたことから日本人ファンもとても多かったマーカスキャンビー。 当時テレビを見ながらどういう意味?!と...
スポンサーリンク