NBAシーズン再開!いきなりのLA対決制したのは?!レイカーズvsクリッパーズ

NBA2019-20シーズン

 

シーズン再開の初日に、早くもLA対決がおこなわれました。

 

 

 

ややシーソーゲームのような展開となりましたが、終盤はしっかりと接戦を見せてくれました。

強力なデュオを中心に両チーム得点を重ねましたが、レブロンのクラッチショットが決勝点となり、103-101でレイカーズが勝利しています。

 

1Q2Q3Q4QT
LAC23292524101
LAL35192227103

 

レイカーズはシュート確率が上がらない中、アンソニーデイビスが34得点でチームを引っ張りました。

 

 

レブロンジェームズが16得点11リバウンド7アシストで続き、カイルクーズマも16得点を挙げています。

 

 

 

クリッパーズでは、ポールジョージが好調でFG確率64.7%の30得点を記録しています。

カウイレナードも28得点を挙げ、スリーポイント3/4、フリースロー11/13と好調でした。

ラストオフェンスは、レブロンに2人とも止められたような印象でしたが、プレイオフでの対戦が見られることに期待しましょう。