スパーズ、アウェイで好調ウォリアーズに勝利し連勝

 

昨シーズンの王者、サンアントニオスパーズですが、主力を休ませながらのシーズンスタートとなり、怪我人も少なくなかったことからも出足は昨シーズンプレーオフで見せた圧倒的な強さとは少しかけ離れたものでした。

実際に6戦を終え3勝3敗と平凡なチーム成績となっていて、主力を長く起用した時のみ本来の戦力に戻るといったイメージでしょうか?!

第7戦では、ここまで5勝1敗と好調なウォリアーズとの対戦となりましたが、主力のプレータイムを長く取ったスパーズが、らしい強さを見せ、アウェイながら113-100で勝利しています。

 

 

ダンカン35分、パーカー30分、ジノビリ26分というプレータイムになっていて、今季ウェスタンカンファレンスで負けられないウォリアーズ戦でポポビッチヘッドコーチも本粋だったといったところでしょうか?!

パーカーが28得点7アシスト、ジノビリが17得点5アシスト、ダンカンが12得点13リバウンドとビッグ3のスタッツもプレータイムに比例した数字となっています。

パーカーとステファンカリーのマッチアップもファンからするとたまらないものだったのではないでしょうか。

 

 

強いですねスパーズ。。まだスプリッターとミルズも戻ってきていないのに・・・

今年も大本命に押されているのも頷けるゲームでした。

 

 

 

一方のウォリアーズですが、5連勝からの連敗となってしまいました。

チームとの契約延長を決めたクレイトンプソンが3ポイント5/6を含む29得点の活躍を見せましたが、スプラッシュブラザーズの相方、ステファンカリーが3ポイント0/7の16得点とここまでのゲームでは考えられないスタッツでした。(3ポイントの確率が)

パーカーとのマッチアップでリズムを完全に崩してしまったのか、スパーズのディフェンスがよっぽどよかったのか、ただ単純に調子の悪い日だったのか本人に聞いてみないと真相は分かりませんが、日本でも大人気のプレイヤーなので、ビッグカードほどその活躍に期待したいところですね。

プレーオフでも対戦する可能性が充分にある2チームなので、今後のシーズンでの対決にも注目したいと思います。

次ゲームは、スパーズがロサンゼルスレイカーズ、ウォリアーズがブルックリンネッツとなっています。

毎週5試合生中継!NBA見るなら⇒WOWOW

 

 

twitter

コメントを残す